カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也が29号、自身2度目の月間10発!自己最多まであと『1』

2021年9月18日

鈴木誠也が29号、自身2度目の月間10発!自己最多まであと『1』

公式戦(9月18日、カープ2-4DeNA、マツダスタジアム)

広島鈴木誠也外野手(27)が、9月10本目となる29号ソロを放った。3点を追う8回1死の第4打席で、バックスクリーン左まで豪快にかっ飛ばした。3試合ぶりの1発で、12発打った18年8月以来、自身2度目となる月間10発をマーク。同年に記録した自己最多30本塁打まで、あと1本に迫った。だが、主砲の1発は空砲に。チームは9連戦の初戦を落とし、借金は15に膨らんだ。

鈴木誠が意地をみせた。3点の勝ち越しを許した直後の8回、1死走者なしからの第4打席。カウント1-1からの3球目、DeNAエスコバーの真ん中147キロを強振した。打球は大きな弧を描き、バックスクリーン左へ吸い込まれた。強風が左翼から右翼方向に流れていた中での1発に「(感触は)まあまあです。風じゃないですかね」とコメント。3試合ぶりの1発も勝利につながらなかっただけに、笑顔はなかった。

この1発で9月だけで早くも10本目に到達した。今月は球団最長記録に並ぶ6試合連発を放つなど、量産態勢に入っていた。連続記録は止まったものの、勢いは止まらない。月間10本塁打は、12発打った18年8月以来、自身2度目。同年に記録した自己最多の30号にあと1本。キャリアハイが目前に迫っている。

9月の月間打率は3割9分6厘をマークしているが、決して満足することはない。この日の試合前練習のフリー打撃では、左足を上げた際に軸足の近くで1度地面につけ、その後前に踏み出す「すり足打法」に近い形で実施。「いろいろ、微調整って感じです」と試合でも実践し、4回1死からの第2打席でも中堅フェンス直撃の二塁打をマーク。新たに取り組んだフォームで、いきなり長打2本と結果を残した。

だが、主砲の反撃の1発が出ても波に乗れず、9連戦の初戦を落としてしまった。佐々岡監督は「『ランナーをためて、誠也』という形がなかなかできなかった」と肩を落とした。19日からは敵地神宮に場所を移し、上位のヤクルトとの2連戦を迎える。鈴木誠は「最後まで諦めずに頑張ります」と強い決意を胸に秘め、球場を後にした。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

奇跡の逆転CSに痛恨の大敗…床田が7失点の乱調で連勝が6で止まる

奇跡の逆転CSに痛恨の大敗…床田が7失点の乱調で連勝が6で止まる

公式戦(10月13日、カープ3-9DeNA、マツダスタジアム) 広島が、6連勝の勢いが帳消しになる大敗を喫した。先発・床田が勝利投手の権利を目前に突如、乱れた。 3点リードから1点差に迫られた5回2死 …

首位固めどころか…首位攻防3連敗で3位にまで転落、4連敗も今季初

首位固めどころか…首位攻防3連敗で3位にまで転落、4連敗も今季初

公式戦(4月21日、カープ4-8巨人、東京ドーム) 広島が、ゲーム差なしの首位で臨んだ巨人との首位攻防3連戦で3タテを食らった。前夜に続いて、この日も逆転負け。17日の中日戦(マツダ)から4連敗は今季 …

3連戦3連勝ならず…大道が8失点でKO、中盤から反撃開始も及ばず

3連戦3連勝ならず…大道が8失点でKO、中盤から反撃開始も及ばず

公式戦(6月20日、カープ8-10DeNA、東京ドーム) 投手陣が今季5度目の2桁失点を喫するなど崩れ、今季初の3連戦3連勝はならなかった。先発・大道は3回2/3を投げ、6安打8失点で降板。2度目の先 …