カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

坂倉ブレーキ、2戦連続0封負け…佐々岡監督「つながってない要因」

2021年9月23日

坂倉ブレーキ、2戦連続0封負け…佐々岡監督「つながってない要因」

公式戦(9月23日、カープ0-5巨人、マツダスタジアム)

連日の沈黙-。広島が巨人投手陣の前に、2戦連続となるゼロ封負けを喫した。序盤から4点ビハインドの展開。打つしかない広島打線は巨人高橋の術中にはまり、ハーラートップとなる11勝目を献上した。ゼロ封負けは今季13度目。連敗で借金は今季ワースト17となった。

序盤の大量失点をはね返す力は、今の広島打線にはなかった。先発玉村が3回までに2本の2ランで4失点。巨人高橋を相手に、迫力もいやらしさもない攻撃だった。6回まで2度の得点機を逃すと、7回以降は巨人中継ぎ陣の前に二塁すら踏めなかった。

佐々岡監督は「沈みがちになって、打破できていない。まずは先発投手が抑えて、試合をつくっていく中で、流れが来れば変わるんでしょうけど。それが続かないというのが現状」と嘆いた。2戦連続、今季13度目のゼロ封負けで借金は今季最多17に膨らんだ。

得点圏に走者を進めた4回、6回はいずれも坂倉がブレーキとなった。4回2死二塁は右飛。6回2死満塁は中飛に倒れた。状態を上げた主砲の後を打つ5番は重要ポストのひとつ。ここまで打線のけん引役を担ってきたが、直近10試合は打率1割3分2厘と調子を落としている。

指揮官は「(打線が)つながっていない要因」と指摘するも、「ここを乗り越えて、またひとつ成長があると思う」と奮起に期待する。

重い空気は地元ファンの後押しを受けても変わらない。今季は、7年ぶり本拠地負け越しとなった昨年の本拠地勝率4割8分1厘を下回る4割4分2厘。9連戦もあと3試合、上昇のきっかけは自分たちでつかむしかない。(前原淳)

▽広島朝山打撃コーチ(2戦連続無得点の打線に)「若い選手は勉強するところもある。とにかく試合は最後まで続くので、次の日に向けて良い準備を。気持ちを切り替えて、何とかいいものを出せるようにやっていきたい」

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

今季『初』の3連勝!野村が7回3安打1失点の好投で2勝目をマーク

今季『初』の3連勝!野村が7回3安打1失点の好投で2勝目をマーク

公式戦(8月5日、カープ4-1ヤクルト、神宮球場) 広島が4-1でヤクルトに快勝し、今季初の3連勝を飾った。1-1の五回に長野が決勝点となる適時二塁打。七回に堂林が8号ソロ、九回に会沢が3号ソロを放ち …

カープが月間勝ち越し決定!先発・遠藤が7回1失点9奪三振で4勝目

カープが月間勝ち越し決定!先発・遠藤が7回1失点9奪三振で4勝目

公式戦(10月28日、カープ3-2ヤクルト、マツダスタジアム) 広島が1回に会沢の押し出し死球と堂林の左前適時打でヤクルト石川から3点を先制。先発遠藤は3回まで2安打の立ち上がり。 ヤクルトは4回に村 …

カープ、5年ぶり『9連敗』で借金3…誠也14試合ぶり19号も空砲

カープ、5年ぶり『9連敗』で借金3…誠也14試合ぶり19号も空砲

公式戦(7月8日、カープ2-3中日、ナゴヤドーム) セ・リーグ3連覇中ながら深刻な打撃不振で前日4位に転落した広島が5位・中日に2―3で敗れ、2014年6月以来5年ぶりとなる9連敗(1分けを挟む)。6 …