カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

リーグ優勝の可能性は完全消滅…佐々岡監督「これだけ負ければ当然」

2021年10月3日

3連敗でリーグ優勝は完全消滅…佐々岡監督「これだけ負ければ当然」

公式戦(10月3日、カープ1-4ヤクルト、マツダスタジアム)

3連敗の広島はリーグ優勝の可能性が消えた。125試合を終え、50勝64敗11分けの借金14。

佐々岡監督は「これだけ負ければ当然と、受け止めながら…。とにかく最後まで。もう一度、集中力を持って。一つでも上、一つでも借金を減らすということを変わらずやっていきます」と言葉を振り絞った。

5月に鈴木誠、菊池涼ら主力を含む9人の選手が新型コロナウイルスに感染。影響が出た5、6月に10勝23敗7分けと大きく失速した。7月以降は27勝26敗2分けと粘っているが、3位の巨人とも11ゲーム差と苦しい状況のままだ。

この日も今季を象徴するように、8回に決勝点を許した。新人の栗林にクローザーを任せて大成功したが、就任1年目の昨年と同じく、終盤の勝ちパターンの継投が確立できない。

「今のメンバーで、ということしかないんですが。期待している投手が長続きしない」。シーズンを通じてセットアッパーとして起用した投手は不在。

「7、8回の競った場面で投げる投手は心が強くないといけないし、球の強さも必要。当然、制球力あって。いろんなものを求められる。若い投手が多い中、そこを期待しているところではありますが」。発展途上のまま、3年連続のV逸が決まった。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

激戦制す!大盛が執念の決勝打、森下は7回2失点の力投も勝敗つかず

激戦制す!大盛が執念の決勝打、森下は7回2失点の力投も勝敗つかず

公式戦(9月19日、カープ3-2ヤクルト、神宮球場) 先発はヤクルトが吉田喜、広島が森下。広島は1回に長野の適時二塁打で1点を先制。ヤクルトは2回に坂口の9号2ランで逆転。 ヤクルト吉田喜は5回5安打 …

森下、巨人戦で6四死球2敗「次、しっかり投げます」借金6最下位に

森下、巨人戦で6四死球2敗「次、しっかり投げます」借金6最下位に

公式戦(7月31日、カープ1-2巨人、東京ドーム) 森下が初の巨人戦で粘った。 自己最悪の6四死球も5回を2失点。今季最少の3安打と援護に恵まれず、2敗目を喫した。大瀬良の離脱で役割が大きくなるドラ1 …

6連続完投中の大野を崩し、連敗をストップ!九里4勝目、誠也3ラン

6連続完投中の大野を崩し、連敗をストップ!九里4勝目、誠也3ラン

公式戦(9月15日、カープ6-3中日、マツダスタジアム) 先発は広島九里、中日大野雄。広島は初回、ピレラの適時打、鈴木誠の18号3ランで4点を先取。中日は3回まで1安打無得点。 6試合連続完投中だった …