カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

サヨナラ負けで4連敗…佐々岡監督が明かした「栗林温存」の理由とは

2021年10月5日

サヨナラ負けで4連敗…佐々岡監督が明かした「栗林温存」の理由とは

公式戦(10月5日、カープ3-4中日、バンテリンドーム)

広島は同点の9回に栗林を温存し、今季3度目のサヨナラ負けで4連敗に沈んだ。引き分けへ持ち込むことを期待された菊池保が先頭の京田に四球を与えてことが誤算の始まりだった。

1死二塁から大島を申告敬遠。ビシエドの痛烈な二直は菊池涼の好捕に救われながら、岡林に中前打でつながれ、最後は2死満塁で高橋周にフルカウントから押し出し四球を与えた。失点は6月23日のヤクルト戦以来、15試合ぶりで、今季初黒星が付いた。

佐々岡監督は「同点ということで菊池(保)に託したわけですけど、勝負球が甘いとか、経験がある中で、押し出し四球というのはね…」と振り返り、「(栗林は)週はじめでもありますし、セーブシチュエーション以外では使わないと試合前から決めていた」と説明した。

栗林は新人記録を更新する11試合連続セーブ中で、同点の場面での登板は7月7日のDeNA戦が最後。44試合の登板で防御率0・41を誇り、28セーブも阪神・スアレス(37セーブ)に次ぐリーグ2位につける。同点登板による負担を極力避け、DeNA・牧らとの新人王争いを後押しする狙いもあるようだ。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

堂林が3号逆転満塁ホームラン!三塁スタメンで2安打5打点の大暴れ

堂林が3号逆転満塁ホームラン!三塁スタメンで2安打5打点の大暴れ

公式戦(7月8日、カープ6-3DeNA、マツダスタジアム) 広島・堂林翔太内野手(28)が8日、DeNA4回戦(マツダ)に「7番・三塁」でスタメンを飾り、3号逆転満塁本塁打を放った。 2-3の八回1死 …

4連敗、ついに貯金ゼロ…緒方監督「接戦勝ち切る采配できていない」

4連敗、ついに貯金ゼロ…緒方監督「接戦勝ち切る采配できていない」

公式戦(9月21日、カープ2-4阪神、甲子園球場) 広島が3試合連続の逆転負け。6、7月に1引き分けを挟んで喫した11連敗以来、今季4度目の4連敗となった。7月25日の借金完済以降では最大「7」あった …

『2019.04.10』の悲劇、10回表ヤクルトの攻撃…

『2019.04.10』の悲劇、10回表ヤクルトの攻撃…

公式戦(4月10日、カープ3-15ヤクルト、マツダスタジアム) 何が守り勝つ野球やねん!さすがに、呆れてモノも言えんわ!! ヤクルト、10回(1イニングだけ)の攻撃です。