カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林が3人目の新人30S「家族も来てくれていた」球団記録へあと1

2021年10月7日

栗林が3人目の新人30S「家族も来てくれていた」球団記録へあと1

公式戦(10月7日、カープ5-2中日、バンテリンドーム)

地元で決めた!!広島栗林良吏投手(25)が、中日25回戦(バンテリンドーム)で節目の30セーブを達成した。新人では史上3人目の快挙。13試合連続セーブも記録し、91年大野がマークした球団記録の「14」に王手をかけた。チームは2連勝で9月9日以来の4位に浮上。愛知で生まれ育った右腕が、故郷で節目を飾った。

黄金ルーキー栗林が、地元愛知でまた1つ新たな勲章を手にした。3点リードの9回に登板。先頭の石垣を左飛、桂を内角高め150キロで空振り三振に仕留め、最後は代打A・マルティネスを直球で左飛に。注文通りの3者凡退に片付け、史上3人目となる新人30セーブを達成した。

「うれしいが一番です。家族も応援に来てくれていたし、身近な方がたくさんいる中で達成できて、勝ったのが良かったです」

開幕から新人離れした投球を続けてきた。3月27日の中日戦で、プロ初登板初セーブを記録。デビューから22試合連続無失点の2リーグ制後の新記録を樹立し、永川1軍投手コーチが18年間保持してきた球団新人最多25セーブを塗り替えた。この日で連続試合セーブ記録も「13」に更新。91年大野が記録した球団記録「14」まで、あと1つに迫った。

愛知で生まれ、幼少期から社会人まで愛知で24年間を過ごした。カープに入団するまでは生粋の中日ファンだった。

「軸足の右足に全部体重を乗せたい」と、セットポジションから左足を上げ、間を挟んでから投球モーションに入るという名城大時代から続ける現在のフォームは、中日レジェンドの吉見、山井のフォームを見よう見まねで取り入れたのが原点だ。「吉見さんは足でリズムを取りながら投げていた。そこも参考にしてました」。プロとして成長した姿を、地元で存分にみせつけた。

DeNA牧、ヤクルト奥川、阪神佐藤輝、中野、伊藤将らとの熾烈(しれつ)な新人王争いの中で、インパクトを与える数字を残した。「新人王は自分の力じゃ手に入れられないので。あまり意識せずにこれからもやっていけたら」。セーブ機会では失敗ゼロ。「失敗しないことが仕事」。鉄壁を誇る守護神が、故郷に錦を飾った。(古財稜明)

▽広島佐々岡監督(栗林について)「守護神としてよく投げてくれて、チームに貢献してくれている」

▼ルーキーの広島栗林良吏投手が30セーブ目。新人の30セーブ以上は、90年与田(中日)31セーブ、15年山崎康(DeNA)37セーブに次いで3人目。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

最下位『転落』、また…魔の火曜日は4戦4敗、魔の1点差は5戦5敗

最下位『転落』、また…魔の火曜日は4戦4敗、魔の1点差は5戦5敗

公式戦(7月28日、カープ2-3中日、マツダスタジアム) 火曜日に勝てない…。広島が僅差で敗れ、25日以来の最下位に転落した。先発の九里亜蓮投手(28)が7回1失点と力投。しかし終盤の8回に逆転を許し …

サヨナラ勝ちで7連勝!西川のサヨナラ打が幻に…松山が『打ち直し』

サヨナラ勝ちで7連勝!西川のサヨナラ打が幻に…松山が『打ち直し』

公式戦(11月5日、カープ5-4巨人、マツダスタジアム) 広島が延長戦の末、巨人に5―4でサヨナラ勝ちを収めて昨年7月の9連勝以来となる7連勝(2分けを挟む)。最大13あった借金を3に減らした。2連敗 …

マクブルーム、来日初のサヨナラ弾で決着!2位の巨人と0・5差接近

マクブルーム、来日初のサヨナラ弾で決着!2位の巨人と0・5差接近

公式戦(7月2日、カープ2-0巨人、マツダスタジアム) 広島のライアン・マクブルーム内野手(30)が、2日の巨人戦で、来日初のサヨナラ本塁打で決着をつけた。 両軍無得点で迎えた9回、無死一塁だった。巨 …