カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、奇跡CSへ「チームの勝利」最優先!自身10勝は「二の次」

2021年10月21日

大瀬良、奇跡CSへ「チームの勝利」最優先!自身10勝は「二の次」

奇跡のクライマックスシリーズ(CS)進出を目指す4位・広島は21日から優勝マジック3の首位・ヤクルトと2連戦(神宮)。大瀬良大地投手(30)は神宮室内で最終調整し、カード初戦の先発に備えた。逆転Aクラス入りへ、望みをつなげられるか否かの大事な一戦。2年ぶりとなる自身の2桁10勝よりも「チームの勝利」と力を込めた。

希望の光はまだ消えていない。奇跡のCS進出へ、他力でも、今季残り6試合に全勝すれば可能性はある。投手キャプテンを務める大瀬良は、命運を懸けた戦いに臨むナインの思いを代弁した。

「ここに来てワンチャンスある。若い選手はイケイケどんどんでいいし、中堅やベテランが手綱を引いて、しっかり力を合わせて戦いたいと思います」

21日のヤクルト戦に先発する。敵の優勝マジックは3。本拠地・神宮で胴上げを実現しようと、ビジターに倍する闘志で向かってくるに違いない。ともに負けられない一戦。それでも百戦錬磨の大瀬良に緊張感や力みは見られない。

「相手の打線や球場の狭さを意識し過ぎると、自分の投球ができなくなるので、いつも通りでいいかな…と。攻める時は攻め、気を付ける場面では気を付けながら、投球でチームを鼓舞できれば」

ヤクルトとの相性はすこぶる良い。通算30試合に登板し、13勝3敗3ホールド、防御率3.19。とりわけ神宮では8勝0敗と無敗を誇る。心強いデータ。ただ、敵地登板は19年9月以来2年ぶりで、足場が変わったという情報を得ており、順応の必要性を強調する。

「神宮で投げること自体が今季初めて。マウンドが硬くなっているみたいなので、うまく対応しながら投げたいと思います」

自身は3連勝中で目下9勝。7月から12試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以内)を続けており、勝てば2年ぶり5度目の2桁10勝に届く。だが、大黒柱は笑って首を横に振る。

「自分がどうこうよりも、チームが勝って望みをつないでいくだけ。自分のことは二の次、三の次、四の次。とにかく、チームが勝つことだけを考えて投げたいと思います」

終盤の快進撃と、巨人の大失速で訪れた望外の好機。失うものは何もない。大瀬良が投球でツバメを牛耳り、希望の光をつなぐ。(江尾卓也)

《負ければ終わり》20日に3位巨人が勝ったため、試合のない4位広島とのゲーム差は、3.5に広がった。広島が逆転3位でシーズンを終えるためには、残り6試合に全勝なら巨人の残り2試合全敗か1敗1分け。広島が5勝1分けなら巨人の2敗が必要。21日に広島がヤクルトに敗れた時点でCS進出は消滅するが、19年には3位広島と3ゲーム差の5位阪神がラスト6戦を全勝し、最終戦勝利で3位に浮上したことがある。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

打力より『人間力』、母校を訪ねてわかったカープ・鈴木誠也のルーツ

打力より『人間力』、母校を訪ねてわかったカープ・鈴木誠也のルーツ

「去年のオフにも、この教室に来てシチューを食べてましたよ」 『鯉のはなシアター』という番組でこれまで幾多のプロ野球選手の母校を訪ねたが、家庭科実習室の黒板やハンドソープにサインを残している選手は初めて …

最速154キロ右腕、強打の高卒捕手…カープ、ブレイク期待の5選手

最速154キロ右腕、強打の高卒捕手…カープ、ブレイク期待の5選手

トミー・ジョン手術から復活の兆しを見せる床田、最速154キロ右腕の長井 昨季は3年連続でセ・リーグ覇者となった広島。34年ぶりの日本一を目指したが惜しくもソフトバンクに敗れた。2年連続MVPの丸がFA …

ドラフト1位・小園は大物!報道陣が見守る環境も「もう慣れました」

ドラフト1位・小園は大物!報道陣が見守る環境も「もう慣れました」

広島ドラフト1位小園海斗内野手(18=報徳学園)ら広島新人8選手が10日、合同トレーニング第1クールを打ち上げた。11日は休みで、都内で行われるNPB新人研修に参加。この日午後に東京へ移動した。 7日 …