カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、奇跡CSへ「チームの勝利」最優先!自身10勝は「二の次」

2021年10月21日

大瀬良、奇跡CSへ「チームの勝利」最優先!自身10勝は「二の次」

奇跡のクライマックスシリーズ(CS)進出を目指す4位・広島は21日から優勝マジック3の首位・ヤクルトと2連戦(神宮)。大瀬良大地投手(30)は神宮室内で最終調整し、カード初戦の先発に備えた。逆転Aクラス入りへ、望みをつなげられるか否かの大事な一戦。2年ぶりとなる自身の2桁10勝よりも「チームの勝利」と力を込めた。

希望の光はまだ消えていない。奇跡のCS進出へ、他力でも、今季残り6試合に全勝すれば可能性はある。投手キャプテンを務める大瀬良は、命運を懸けた戦いに臨むナインの思いを代弁した。

「ここに来てワンチャンスある。若い選手はイケイケどんどんでいいし、中堅やベテランが手綱を引いて、しっかり力を合わせて戦いたいと思います」

21日のヤクルト戦に先発する。敵の優勝マジックは3。本拠地・神宮で胴上げを実現しようと、ビジターに倍する闘志で向かってくるに違いない。ともに負けられない一戦。それでも百戦錬磨の大瀬良に緊張感や力みは見られない。

「相手の打線や球場の狭さを意識し過ぎると、自分の投球ができなくなるので、いつも通りでいいかな…と。攻める時は攻め、気を付ける場面では気を付けながら、投球でチームを鼓舞できれば」

ヤクルトとの相性はすこぶる良い。通算30試合に登板し、13勝3敗3ホールド、防御率3.19。とりわけ神宮では8勝0敗と無敗を誇る。心強いデータ。ただ、敵地登板は19年9月以来2年ぶりで、足場が変わったという情報を得ており、順応の必要性を強調する。

「神宮で投げること自体が今季初めて。マウンドが硬くなっているみたいなので、うまく対応しながら投げたいと思います」

自身は3連勝中で目下9勝。7月から12試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以内)を続けており、勝てば2年ぶり5度目の2桁10勝に届く。だが、大黒柱は笑って首を横に振る。

「自分がどうこうよりも、チームが勝って望みをつないでいくだけ。自分のことは二の次、三の次、四の次。とにかく、チームが勝つことだけを考えて投げたいと思います」

終盤の快進撃と、巨人の大失速で訪れた望外の好機。失うものは何もない。大瀬良が投球でツバメを牛耳り、希望の光をつなぐ。(江尾卓也)

《負ければ終わり》20日に3位巨人が勝ったため、試合のない4位広島とのゲーム差は、3.5に広がった。広島が逆転3位でシーズンを終えるためには、残り6試合に全勝なら巨人の残り2試合全敗か1敗1分け。広島が5勝1分けなら巨人の2敗が必要。21日に広島がヤクルトに敗れた時点でCS進出は消滅するが、19年には3位広島と3ゲーム差の5位阪神がラスト6戦を全勝し、最終戦勝利で3位に浮上したことがある。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

今村・美間が出場選手登録を抹消、一岡・小窪が出場選手登録【公示】

今村・美間が出場選手登録を抹消、一岡・小窪が出場選手登録【公示】

【6月25日】/出場選手登録抹消 今村猛 投手 美間優槻 内野手 【6月26日】/出場選手登録 一岡竜司 投手 小窪哲也 内野手

侍Jの『投手MVP』は栗林、社会人野球で培った経験が大舞台で発揮

侍Jの『投手MVP』は栗林、社会人野球で培った経験が大舞台で発揮

5戦全勝で悲願の金メダル獲得を達成した侍ジャパン。多くの選手の活躍が目立ったが、投手陣で大きな役割を果たしたのが抑えの栗林良吏(広島)だ。投手では唯一5試合すべてに登板し、初戦のドミニカ共和国戦こそ失 …

ドラ1・黒原&ドラ2・森、即戦力左腕コンビが佐々岡監督に剛腕披露

ドラ1・黒原&ドラ2・森、即戦力左腕コンビが佐々岡監督に剛腕披露

開幕1軍へ猛アピールだ。広島・廿日市市の大野練習場で新人合同自主トレを行っている広島ドラフト1位の黒原拓未投手(22=関学大)と同2位の森翔平投手(24=三菱重工West)が16日、そろって今年初のブ …