カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

安部、充実左撃ち!背番号6で、課題克服へ順調「パッと反応できた」

2018年2月9日

安部、充実左撃ち!背番号6で、課題克服へ順調「パッと反応できた」

「広島春季キャンプ」(8日、日南)

広島の安部友裕内野手(28)が8日、シート打撃で2安打を放った。中村祐から中越え三塁打を放つと、サウスポー・塹江との対戦では直球を右前に運んだ。今季から背番号「6」を背負う。三塁の定位置確保へ、順調な滑り出しだ。

中村祐から放った三塁打は、コースに逆らわない打撃。続く塹江の内角球を捉えたスイングは「ボールに体がパッと反応できた」という。広角に打ち分け打撃は内容が濃く、充実感をにじませた。

左投手の克服が大きなテーマだ。昨季は対右投手の打率が・334だった一方で左投手には・238だった。「左投手のときは逆方向を意識している」。この日は、その意識で打席に入り内角寄り速球に対して素直にバットが出た。「(迷いなく)バチンと振れたから強い打球が打てた」。課題克服へ順調に階段を上っている。

今季から背番号が「6」になった。「それは関係ないですね」。背負う責任が大きくなっても心は乱れない。ただひたすらに「レギュラーをつかむ」という強い気持ちだけが体を突き動かしている。

10日からの第3クールで予定されている2試合の紅白戦でもアピールを続ける。「結果を出していく」。西川らとのサバイバルレース。戦いは始まったばかりだ。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

西川が侍帰りも2軍落ち危機感、三塁奪取へ競争激化「自分は瀬戸際」

西川が侍帰りも2軍落ち危機感、三塁奪取へ競争激化「自分は瀬戸際」

侍ジャパンに招集されていた広島・西川龍馬内野手(23)が6日、チームに合流し、マツダスタジアムでの全体練習に参加した。三塁の定位置を争うメヒアや美間が猛アピールを続け、競争は激化。自らの立場も安泰では …

九里vs高橋昂!先発ローテ最後の1枠へ、サバイバル『3番勝負』

九里vs高橋昂!先発ローテ最後の1枠へ、サバイバル『3番勝負』

正真正銘のサバイバルだ。広島・畝龍実投手コーチ(53)が8日、開幕の先発ローテーション残り1枠の選定に「3番勝負」を課す考えを明かした。候補は、実績のある九里と2年目の左腕・高橋昂で、それぞれ3試合の …

中継ぎトリオが今キャンプ初登板!守護神・中崎「全体的にいい感じ」

中継ぎトリオが今キャンプ初登板!守護神・中崎「全体的にいい感じ」

ジャクソン、今村、中崎がバッティングピッチャーを務め、ほぼ完璧な内容 広島の“中継ぎトリオ”が今キャンプ初の打撃投手を行った。2次キャンプとなる沖縄キャンプ第1クール最終日となった19日、ジェイ・ジャ …