カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督が来季続投…結果が求められる3年目「もう一度鍛え直す」

2021年10月27日

佐々岡監督が来季続投…結果が求められる3年目「もう一度鍛え直す」

広島は27日、佐々岡真司監督(54)の来季続投を発表した。マツダスタジアムでの全体練習前に、鈴木清明球団本部長から続投要請され、受諾した。今季はシーズン終盤の追い上げも実らず、3年連続Bクラスとなる4位が決定。正式契約はシーズン最終戦終了後を予定し、単年契約となる見込み。就任3年目の来季は、チームの再建とともに、結果が求められる。

セ・リーグの全順位確定から一夜明け、佐々岡監督が来季も指揮を執ることが決まった。全体練習前、鈴木球団本部長から来季の続投要請を受け、受諾。3年目のシーズンに臨むことが決まった。

佐々岡監督 モヤモヤしてましたけど、要請を受けたからには気持ちを切り替えて臨まないといけない。今季の反省を踏まえ、優勝を狙えるチームづくりをしていきたいと思います。

今季は開幕から投打の歯車がかみ合わず、スタートでつまずいた。5月にはチーム内でクラスターが発生。大きく戦力を落とした交流戦では3勝12敗3分けと大きく負け越した。助っ人外国人選手も投打ともに目立った働きができない中、チャンスを得た若手が台頭。3年目の林と小園は三遊間のレギュラーに定着し、坂倉は首位打者争いを繰り広げる。シーズン終盤には最大14ゲーム差あった3位巨人に一時2・5ゲーム差に迫る反撃を見せた。

結果的に3年連続Bクラスとなる4位に終わったものの、球団は外国人選手の不振やコロナ禍による影響を考慮。若手台頭やシーズン終盤の追い上げが就任3年目につながると期待する。鈴木球団本部長は「この2年間の采配の中で、反省点を生かして来年1年やってほしい」と来季を託す。

球団からは反省点や修正点の指摘もあった。守備面では優勝したヤクルトよりも115個多いリーグ最多472与四球がリーグ5位のチーム防御率(3・85)の一因となった。攻撃面はリーグトップのチーム打率2割6分2厘も、総得点はリーグ5位。昨季からの課題が解消されなかった。

佐々岡監督は「一番はやはり投手陣。全体の底上げが必要だと思っています。野手で言えば、ここというところの1点。もう一度鍛え直したいと思います」と気を引き締めた。若手だけでなく、経験ある中堅ベテランもいる。来季は何より、結果が求められる。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

OBフェリシアーノ氏が合流…カタコト通訳?「緊張するけど頑張る」

OBフェリシアーノ氏が合流…カタコト通訳?「緊張するけど頑張る」

広島にチームスタッフとして“大物OB”が新たに加わった。 一部選手の練習が18日、マツダスタジアムで行われ、バティスタの打撃練習を2人のドミニカンが注視した。1人はヘンディ・クレート通訳(35)。その …

誠也、畠山愛理らがスポーツについて疑問に応えるQ&A企画を実施中

誠也、畠山愛理らがスポーツについて疑問に応えるQ&A企画を実施中

広島の鈴木誠也外野手(25)と夫人で新体操元日本代表でスポーツキャスターの畠山愛理(25)が、ファンからのスポーツに関する質問に動画で答える企画を行っている。 2人が所属するマネジメント会社「スポーツ …

いざ、3連覇へ!優勝マジック『1』/全国ファンの声、広島へ届け!

いざ、3連覇へ!優勝マジック『1』/全国ファンの声、広島へ届け!

今日、カープが勝つか、ヤクルトが負けるかで『リーグ優勝』が決まります! 思いっきり、応援しましょう!! 【2018年9月24日】 ■カープ vs DeNA (23回戦)/マツダスタジアム 試合開始:1 …