カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林良吏「最後の試合もいい形で」シーズン最終戦で2つの快挙達成へ

2021年11月1日

栗林良吏「最後の試合もいい形で」シーズン最終戦で2つの快挙達成へ

悲願の新人王へ、ラストアピールじゃ!広島栗林良吏投手(25)が、シーズン最終戦となる1日ヤクルト戦(神宮)で快挙に挑む。あと1セーブで、15年山崎(DeNA)の新人最多セーブ記録の37に到達し、09年岩瀬(中日)が持つプロ野球歴代2位の20試合連続セーブに並ぶ。シーズンを通してセーブ機会失敗なし、被弾0本の快投締めで、有終の美を飾る。

栗林が秋晴れの日差しを一身に浴び、今季ラスト登板への準備を整えた。マツダスタジアムで行われたシーズン最後の全体練習に参加。キャッチボールやダッシュなどで汗を流した。今季最終戦となるヤクルト戦は、同期入団の小林がプロ初登板初先発を務める。「小林の勝ちをそのまま付けられるように。自分の結果よりはチームの結果を優先してしっかりやりたい」と気合を入れた。

最後の「1セーブ」は、大きな意味を持つ。15年山崎(DeNA)の新人最多セーブ記録「37」に並び、レジェンド守護神の岩瀬(中日)が09年に記録した歴代2位の20試合連続セーブに肩を並べる。2つの快挙達成はセーブ機会の登板に限られるが、「自分がいい形で終われているということは、チームもいい形で終われている。最後の試合もいい形で終われれば」と快投締めを望んだ。

新人王獲得に向けても、最後に大きなインパクトを残すことにもなる。すでに数々の記録を塗り替え、東京五輪でも2勝3セーブと金メダル獲得に貢献するなど、強い印象を残してきたが、あと「1セーブ」で大きな付加価値がつく。栗林は「セーブ機会で回ってきて抑えれば、(新人王に)1歩近づくのかなとは思いますけど、自分の力ではどうにもできない。回ってきたらしっかり役割を果たすだけです」と引き締めた。

新人ながら開幕から守護神を託され、ここまで52試合に登板し、防御率は驚異の0・70。36度あったセーブ機会で1度も失敗をしていない。被弾0本も高い能力を示している。大きな意味を持つ「1セーブ」を手にして今季を最高の形で締め、「新人王」をグイっと引き寄せる。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。 無失策をどこまで続けるのか。広島菊池涼介二塁手(30) …

誠也、大好きな『パパ』に誓う最終戦でのクライマックスシリーズ切符

誠也、大好きな『パパ』に誓う最終戦でのクライマックスシリーズ切符

広島の鈴木誠也外野手(25)が25日、自身のブログに15日のヤクルト戦(マツダ)で引退セレモニーを行ったブラッド・エルドレッド氏(39)との2ショット写真をアップ。同氏への変わらぬ愛情をにじませつつ、 …

D3位・中村健人、瞬時に取った行動は賞賛に値する超ファインプレー

D3位・中村健人、瞬時に取った行動は賞賛に値する超ファインプレー

7月9日の中日─広島13回戦(バンテリンドーム)でアクシデントが起こった。0─1の二回2死二塁で中日の選手のファウルボールが三塁側のカメラマン席で撮影中の記者の顔面に直撃。三塁ベンチから飛び出した背番 …