カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下が調整「目標高く」、ハイクオリティースタート11度も慢心なし

2021年11月8日

森下が調整「目標高く」、ハイクオリティースタート11度も慢心なし

広島森下暢仁投手(24)が、8日から始まる秋季練習に向けて、2日続けてマツダスタジアムで調整を行った。今季チーム最多の163回1/3を投げたが、シーズン終了後の休養は3日間だけ。1月の自主トレに向けて、再び動きだしている。プロ入りから新人王、金メダル獲得と大投手の階段を上がる右腕は、来季にさらなる進化を目指す。

わずかな休養期間を経て、森下は3年目の来季に向けて動きだした。シーズン最終戦から4日後の5日に再始動。この日もマツダスタジアムに姿を見せ、軽めのランニングやウエートトレーニングで汗を流した。「いいことも悪いこともあった中で、ケガなく投げ切れた。ある程度はできたかなと思うけど、もっと高い目標を持って投げていきたい」と引き締めた。

2年目の今季はタフなシーズンだった。5月に新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者判定を受け、隔離を余儀なくされた。それでも昨季よりも6試合多い24試合に登板し、プロ入り初の規定投球回をクリア。リーグ2位の163回1/3を投げ切った。日本代表として出場した東京五輪では2試合に先発して、金メダル獲得に貢献した。

積み重ねた数字に一定の納得はしながらも、満足感はない。「野手や中継ぎは毎日試合に出ている。先発が与えられた試合は週に1度だけ。そこでしっかりチームに貢献しないといけない」。

よりチームの勝利に貢献するため、意識するのは“ハイクオリティースタート”だ。投球回6回以上で自責3点以下に抑えた時に記録されるクオリティースタート(QS)は、先発投手の指標として浸透しているが、森下は「7回以上は投げたい」と言い切る。QSを上回るハイクオリティースタートは7回以上、自責2以下。今季も、昨季の10度を上回る11度記録したが、満足していない。

来季へ向けて、8日からはマツダスタジアムで秋季練習が始まる。年が明ければ自主トレの強度も上がる。11月1日にシーズン最終戦が終わったばかり。オフといえる時間は、あまりない。「しっかり考えながら1月に向けてやっていきたい」。理想とする“チームを勝利に導く投手”となるためにも、立ち止まってはいられない。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

會澤の転倒シーンに心配の声…五輪棒に振った悪夢、再来への可能性も

會澤の転倒シーンに心配の声…五輪棒に振った悪夢、再来への可能性も

5月31日に行われた広島対日本ハム戦。「1-0」で広島が勝利したが、試合結果以上に話題となったのが広島のプロ16年目・34歳の會澤翼の転倒だった。 「1-0」と広島1点リードの9回表。この回広島は2番 …

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。 無失策をどこまで続けるのか。広島菊池涼介二塁手(30) …

計10人がコロナ陽性、21日からの試合開催は当日に最終決定の予定

計10人がコロナ陽性、21日からの試合開催は当日に最終決定の予定

広島は20日、新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、石原貴規選手(23)、羽月隆太郎選手(21)、鈴木誠也選手(26)、長野久義選手(36)、大盛穂選手(24)の選手5人、朝山東洋打撃コーチ(44) …