カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

小林樹斗、智弁和歌山OBコンビでローテ入りを熱望「そこで争って」

2021年11月20日

小林樹斗、智弁和歌山OBコンビでローテ入りを熱望「そこで争って」

広島の来季高卒2年目、小林樹斗投手(18)が20日、智弁和歌山OBの投手コンビで先発ローテ入りを熱望した。

広島からドラフト1位で指名された関学大・黒原拓未投手(21)は、3学年先輩。黒原が大学3年時に、コロナ禍でチーム活動が行えなかった際に、母校でともに自主トレを実施した縁もある。

小林が昨年のドラフトで広島から指名された後の冬の期間も、母校で一緒に汗を流した。「再来年(22年)一緒にやりたいですね」と黒原に話していたといい、「まさか同じチームになると思ってなかった。うれしいです」と喜んだ。

黒原は周囲から「努力の虫」と称されるほど練習熱心で、担当の鞘師スカウトも野球への取り組みにホレ込んだという。

小林は「一緒にランニングしていた時も、『もうそろそろいいんじゃないですか』と言っても、『もっと練習せーよ』という感じなタイプの人でした。野球に対して取り組む姿勢は見習う部分が多いです」と感心している。

黒原の1年目の起用ポジションは、来春2月のキャンプ以降に決まる予定。同じ先発となる可能性もあるだけに、小林は「一緒にローテーションで回れれば本当にいいこと。僕自身もそこで争っていかないといけない。負けないように頑張りたいと思います」と闘志を燃やした。【古財稜明】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

内部崩壊…広島カープ不振の『理由』は、緒方監督VS佐々岡コーチ?

内部崩壊…広島カープ不振の『理由』は、緒方監督VS佐々岡コーチ?

開幕早々、プロ野球各球団からキナ臭い話が聞こえてきている。目下は水面下でひっそりとくすぶっているが、いつかペナントを左右する火種へと発展する「爆弾」を持ち寄って、事情通たちが緊急集結。まずは4連覇を目 …

エースと4番は移籍…そんなカープを人気球団に変えた『逆転の発想』

エースと4番は移籍…そんなカープを人気球団に変えた『逆転の発想』

球団の資金力=チームの戦力だった時代 日本のプロ野球は1993年に導入されたドラフトの逆指名制度とFA制度によって、チームの戦力が球団の資金力に大きく左右されるようになった。 カネで有力選手に逃げられ …

原巨人、FA戦線に本格参戦…カープはFA補強動かず、新外国人獲得

原巨人、FA戦線に本格参戦…カープはFA補強動かず、新外国人獲得

巨人の原辰徳監督(61)が2019年11月2日、FA戦線に参戦する意向を示した。球団はすでに楽天・美馬学投手(33)、ロッテ鈴木大地内野手(30)らの本格調査を明言しており、交渉が解禁となる3日にもア …