カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2年目を終えた「2・5軍」の収穫と課題、早期昇格への積極活用も!

2021年11月29日

2年目を終えた「2・5軍」の収穫と課題、早期昇格への積極活用も!

広島に通称「2・5軍」が発足して2年が経った。2・5軍とは、昨季3軍に新設された投手強化指定部門のこと。指名された投手数人が2軍本隊から離れ、ラプソードやハイスピードカメラを駆使して投球フォームなどの矯正を目指す。今季は薮田、中村恭ら実績のある投手から高卒2年目の鈴木寛らも所属した。

その中で創設1年目の昨季にはなかった活用法が試された。コルニエルが9月上旬に降格すると、そのまま2・5軍に合流。実戦から9日間離れて投球フォームを見直し、ウエスタン・リーグ登板2試合のみで再昇格した。短期間での1軍復帰を目指す場として2・5軍が利用されたのだ。

鈴木清明球団本部長は「来年は1軍で調子の落とした選手を(2・5軍で)チェックし、短期間で状態を上げるという使い方も考えている」と、2・5軍の3年目を見据えている。来季は登板過多などで不振となった投手を2・5軍扱いとし、一時的に実戦から離れさせて復調を目指すパターンも増えそうだ。

一方、2・5軍に所属した中村恭、鈴木寛が戦力外を通達されるなど、矯正部門としての課題も見えた。担当の畝3軍統括コーチは「1人でも多く1軍に昇格させるのが自分の使命。どの選手もいいものは持っている。時間をかけて見られる場所なので、1軍で投げるためには何が足りないかを示して指導していきたい」と思い描いている。収穫も反省も勉強材料として、2・5軍は3年目の準備に入っていく。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

『1番当たる』と評判の野球評論家が、今季セ・リーグの順位を予想!

『1番当たる』と評判の野球評論家が、今季セ・リーグの順位を予想!

蘇る悪夢「95年の巨人」 2019年のプロ野球は、セ・リーグもパ・リーグも3月29日の金曜に開幕を迎える。球春到来まで、ほぼ1週間というわけだ。 オープン戦も佳境。12球団の戦力が明らかになってきた。 …

2013年入団・田中広輔、高・大・社と名門で揉まれた実力派内野手

2013年入団・田中広輔、高・大・社と名門で揉まれた実力派内野手

梵英心、菊池涼介、堂林翔太と右の内野手が多い広島は、補強ポイントである左の内野手に即戦力候補を指名した。名門で揉まれた実力者の足跡を辿る。 社会人で磨いた守備 広島カープから3位指名を受けた田中広輔。 …

井端弘和がカープの低迷をズバリ分析、タナキクのやっかいさが消えた

井端弘和がカープの低迷をズバリ分析、タナキクのやっかいさが消えた

セ・リーグ4連覇を目指す広島が苦しんでいる。開幕から5カード連続で負け越しを喫するなど、4月17日の時点で5勝12敗の最下位。まだシーズンは長いが、ここまでの出遅れは多くの識者にとっても予想外だったに …