カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2年目を終えた「2・5軍」の収穫と課題、早期昇格への積極活用も!

2021年11月29日

2年目を終えた「2・5軍」の収穫と課題、早期昇格への積極活用も!

広島に通称「2・5軍」が発足して2年が経った。2・5軍とは、昨季3軍に新設された投手強化指定部門のこと。指名された投手数人が2軍本隊から離れ、ラプソードやハイスピードカメラを駆使して投球フォームなどの矯正を目指す。今季は薮田、中村恭ら実績のある投手から高卒2年目の鈴木寛らも所属した。

その中で創設1年目の昨季にはなかった活用法が試された。コルニエルが9月上旬に降格すると、そのまま2・5軍に合流。実戦から9日間離れて投球フォームを見直し、ウエスタン・リーグ登板2試合のみで再昇格した。短期間での1軍復帰を目指す場として2・5軍が利用されたのだ。

鈴木清明球団本部長は「来年は1軍で調子の落とした選手を(2・5軍で)チェックし、短期間で状態を上げるという使い方も考えている」と、2・5軍の3年目を見据えている。来季は登板過多などで不振となった投手を2・5軍扱いとし、一時的に実戦から離れさせて復調を目指すパターンも増えそうだ。

一方、2・5軍に所属した中村恭、鈴木寛が戦力外を通達されるなど、矯正部門としての課題も見えた。担当の畝3軍統括コーチは「1人でも多く1軍に昇格させるのが自分の使命。どの選手もいいものは持っている。時間をかけて見られる場所なので、1軍で投げるためには何が足りないかを示して指導していきたい」と思い描いている。収穫も反省も勉強材料として、2・5軍は3年目の準備に入っていく。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

誠也「40発100打点で4連覇を」/【新井氏&鈴木誠也・対談①】

誠也「40発100打点で4連覇を」/【新井氏&鈴木誠也・対談①】

2019年元旦。豪華な共演が実現した。今季から背番号1を背負う広島・鈴木誠也外野手(24)と、本紙評論家として第2の人生をスタートさせた新井貴浩氏(41)による新春吉例「新旧4番打者」対談。数々の仰天 …

今週の応援人・森下暢仁(広島カープ)【新井貴浩の球の心は正直者】

今週の応援人・森下暢仁(広島カープ)【新井貴浩の球の心は正直者】

カープイケメン四天王! 2021年1回目のコラムということで、皆さん今年もどうぞよろしくお願いいたします。新年早々、緊急事態宣言が再発令されたりとまだまだ大変な状況は続きますが、お互い頑張りましょう。 …

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死から『25年』――“炎のストッパー”津田恒実の野球人生

早過ぎる死からちょうど25年が経った。1993年7月20日、32歳の若さでこの世を去った津田恒実。いつも魂を込めて投げ、マウンドでは鬼の形相を浮かべて広島の勝利に貢献した。“炎のストッパー”と呼ばれた …