カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「ポスト誠也」林晃汰に4番が説いた「失敗のススメ」重なる若手時代

2021年12月13日

「ポスト誠也」林晃汰に4番が説いた「失敗のススメ」重なる若手時代

「ポスト誠也」。来季の広島で大きな注目ポイントに挙がっている。今季まで4番にどっしりと座っていた鈴木誠也外野手(27)が、メジャー挑戦を表明。チームの顔ともいえる4番に新たに誰が抜てきされ、定着するのか、春季キャンプ、オープン戦と目が離せない。

個人的にも楽しみにしているのが、林晃汰内野手(21)だ。高卒3年目の今季ブレークした。102試合で376打席に立ち、95安打をマーク。打率2割6分6厘、10本塁打、40打点をたたき出した。鈴木誠の高卒3年目は97試合に出場し、238打席で58安打、打率2割7分5厘、5本塁打、25打点。主砲はその翌16年にレギュラーに定着。打率3割3分5厘、29本塁打、95打点を記録しただけに、林の4年目への期待感は増す一方だ。

鈴木誠は、林の野球へ真摯(しんし)に取り組む姿に感心を寄せていた。「頑張っていたと思う。まずは一生懸命がむしゃらにやる姿があって、ミスしても頑張る姿があるから、次も使ってみようかなとなると思う」。シーズン中は試合前の打撃ローテでコンビを組み、熱心に助言する姿が何度も見受けられた。「うまくなりたい」という林の言動に、若手時代の自分が重なる部分があったのかもしれない。

林のさらなるレベルアップへ、主砲は「失敗のススメ」を説いた。今後磨いていく部分については「考え方ですね」と指摘。「失敗は失敗でいいと捉えて、次につながる考え方であったり、そういうところができてくれば、自然と結果がついてくると思う。能力だけじゃやっていけない世界。晃汰にとっては大事だと思う」と説明した。

失敗を重ねながら、理想を追い求め続けることが、成長への鍵を握る。「晃汰自身が思っている選手になれればいいと思う。僕もどんな選手になるか分からないし、まだまだやることはいっぱいある。いろいろやることが全部プラスに動く年齢。いろんな失敗をマイナスと思わずやってほしい」とエールを送った。

林が「ポスト誠也」の座を奪い、新たにチームの顔となれるか、胸が高鳴る。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

相手打者に詳しすぎる大瀬良、秘密はカバンに潜ませている紙束にあり

相手打者に詳しすぎる大瀬良、秘密はカバンに潜ませている紙束にあり

「前日囲み」に1度入れば、広島・大瀬良大地投手(27)がやけに相手球団に詳しいことが分かるだろう。「前日囲み」とは、先発投手が登板前日に受ける囲み取材のこと。前回登板からの修正点、ブルペンでの感覚など …

逆転のカープを支えるのは、お茶目で親交が深い「鈴木・野間コンビ」

逆転のカープを支えるのは、お茶目で親交が深い「鈴木・野間コンビ」

5月15日に行われた広島東洋カープ対ヤクルトスワローズの一戦は、9-7とカープの逆転勝利で幕を閉じた。逆転勝利の立役者は、何と言っても鈴木誠也選手。2本の本塁打を打ち、カープを勝利へと導いた。 5月1 …

隠れ首位打者・坂倉将吾、セ首位打者目前!7日4打席で規定打席到達

隠れ首位打者・坂倉将吾、セ首位打者目前!7日4打席で規定打席到達

広島坂倉将吾捕手が7日にもセ界の首位打者に急浮上するかもしれない。 ヤクルト戦では、2回に右中間への二塁打、4回には右前打を放ち、11試合連続安打を記録。6、7回は四球、敬遠で全4打席で出塁し2打数2 …