カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「ポスト誠也」林晃汰に4番が説いた「失敗のススメ」重なる若手時代

2021年12月13日

「ポスト誠也」林晃汰に4番が説いた「失敗のススメ」重なる若手時代

「ポスト誠也」。来季の広島で大きな注目ポイントに挙がっている。今季まで4番にどっしりと座っていた鈴木誠也外野手(27)が、メジャー挑戦を表明。チームの顔ともいえる4番に新たに誰が抜てきされ、定着するのか、春季キャンプ、オープン戦と目が離せない。

個人的にも楽しみにしているのが、林晃汰内野手(21)だ。高卒3年目の今季ブレークした。102試合で376打席に立ち、95安打をマーク。打率2割6分6厘、10本塁打、40打点をたたき出した。鈴木誠の高卒3年目は97試合に出場し、238打席で58安打、打率2割7分5厘、5本塁打、25打点。主砲はその翌16年にレギュラーに定着。打率3割3分5厘、29本塁打、95打点を記録しただけに、林の4年目への期待感は増す一方だ。

鈴木誠は、林の野球へ真摯(しんし)に取り組む姿に感心を寄せていた。「頑張っていたと思う。まずは一生懸命がむしゃらにやる姿があって、ミスしても頑張る姿があるから、次も使ってみようかなとなると思う」。シーズン中は試合前の打撃ローテでコンビを組み、熱心に助言する姿が何度も見受けられた。「うまくなりたい」という林の言動に、若手時代の自分が重なる部分があったのかもしれない。

林のさらなるレベルアップへ、主砲は「失敗のススメ」を説いた。今後磨いていく部分については「考え方ですね」と指摘。「失敗は失敗でいいと捉えて、次につながる考え方であったり、そういうところができてくれば、自然と結果がついてくると思う。能力だけじゃやっていけない世界。晃汰にとっては大事だと思う」と説明した。

失敗を重ねながら、理想を追い求め続けることが、成長への鍵を握る。「晃汰自身が思っている選手になれればいいと思う。僕もどんな選手になるか分からないし、まだまだやることはいっぱいある。いろいろやることが全部プラスに動く年齢。いろんな失敗をマイナスと思わずやってほしい」とエールを送った。

林が「ポスト誠也」の座を奪い、新たにチームの顔となれるか、胸が高鳴る。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

好投の森下暢仁「自分が9回に投げても、このようになっていたかも」

好投の森下暢仁「自分が9回に投げても、このようになっていたかも」

つかみかけた初登板初先発初勝利が泡と消えた。1点リードの9回、守護神・スコットがソト、佐野、ロペスに連打を浴び、宮崎にも148キロ直球を右中間へと運ばれて逆転サヨナラ負け。 それでも森下は表情を曇らせ …

森浦大輔が24歳の誕生日「栗林さんから、ヴィトンのキーリングを」

森浦大輔が24歳の誕生日「栗林さんから、ヴィトンのキーリングを」

広島・森浦大輔投手が15日、24歳の誕生日を迎えた。マツダスタジアムでの全体練習後に取材対応し「栗林さんから(仏のルイ・)ヴィトンのキーリングをいただきました。2週間ぐらい前ですかね」とはにかみながら …

誠也、契約の裏にあった三つの『棚ボタ』…なぜ、ここまで高騰した?

誠也、契約の裏にあった三つの『棚ボタ』…なぜ、ここまで高騰した?

広島の鈴木誠也外野手(27)がポスティング制度によりカブスと契約した。5年契約で総額8500万ドル。日本円にして実に100億円を超える。失礼ながら、分不相応な額に映るが、 「賃金水準が低い“安すぎる日 …