カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2021年で真の『勝負強かった打者』は?打撃指標でも群を抜く誠也

2021年12月16日

2021年で真の『勝負強かった打者』は?打撃指標でも群を抜く誠也

指標「WPA」のトップは鈴木誠、2位はレアードに

ヤクルトが日本一に輝いた今季のプロ野球。多くの感動を読んだ2021年シーズンで大事な局面でより結果を出してきた“勝負強い”打者は誰だったのか。野球を科学的に分析するセイバーメトリクスの指標で見てみよう。

セイバーメトリクスの指標には「WPA」というものがある。これは、各選手がどれだけ勝利期待値を増減させたかによって貢献度を評価するもので、勝敗の分かれ目となる重要な局面での結果がより高く評価され、勝負がほぼ決した状況での適時打や本塁打などの評価は高くない。この「WPA」を用いて、チームの勝利により貢献した“勝負強い打者”を見てみたい。なお、このデータはセイバーメトリクスの指標などで分析を行う株式会社DELTAのものを参照した。

今季12球団で最もチームの勝利期待値を増やしたのは広島の鈴木誠也だ。WPAは5.91で頭抜けている。従来、“勝負強さ”の参考とされてきた得点圏打率は.295とリーグで9番目だったが、やはり重要な局面で結果を残し、チームの勝利に大きく貢献していたことが分かる。

2位はロッテのレアードで4.60、3位はヤクルトの村上宗隆で4.54、4位はソフトバンクの柳田悠岐で4.42、5位はオリックスの杉本裕太郎で4.26と続いていく。チャンスで打席に立つ機会の多い選手が数字が高くなる側面はあるものの、得点圏打率は.400で12球団トップだったオリックスの吉田正尚は両リーグ通じて10位になる。

指標「Clutch」では12球団トップは中日の京田に

“勝負強さ”と言うと、重要な局面で、普段以上の力を発揮できる選手というイメージも思い浮かぶ。セイバーメトリクスには「Clutch」という指標もあり、これは選手個々において、通常の局面に比べて重要な局面でどれだけ働いたかを示す。打率2割の選手が好機で結果を残せば、プラスになり、打率4割の選手でも重要な局面で凡退が続くとマイナスになる。

今季、400打席以上立った打者で最もこの「Clutch」が高かったのは中日の京田陽太だ。1.82を記録し、2位以下に0.3以上の差をつけている。京田は今季打率.257で得点圏打率も.244と高くない。だが、指標の上では通常の局面よりも、重要度の高い局面で打っていたということだ。

2位は京田のチームメートである中日のビシエドが入り、ロッテのレアード、西武の栗山巧、阪神の近本光司、ソフトバンクの甲斐拓也と続く。レアードは「WPA」でも上位に位置しており、重要な局面でより結果を残し、勝利期待値の増加に大きく貢献していたということだろう。

なお、「WPA」で1位だった鈴木誠は「Clutch」では-0.17となり、これは通常の局面でも重要な局面でも、その働きはほぼ変わらないことを示している。ヤクルトの村上宗隆は-2.15となっている。なお、この「Clutch」はシーズンを跨いでの一貫性はほとんどないと考えられている。

(※引用元 Full-Count

関連記事

佐々岡監督は、床田に対してなぜ怒ったのか?/川口和久WEBコラム

佐々岡監督は、床田に対してなぜ怒ったのか?/川口和久WEBコラム

投手の仕事は何か 先日、広島の新監督・佐々岡真司が、左腕の床田寛樹を叱りつけたという記事を見て、びっくりした。俺の知っている佐々岡は絶対に怒らない。いつもニコニコと穏やかな男だった。そういえば、一度だ …

ジョンソンの悲劇「バラバラに壊れた沢村賞トロフィー」、その後の話

ジョンソンの悲劇「バラバラに壊れた沢村賞トロフィー」、その後の話

広島のクリス・ジョンソンは、昨年の33歳の誕生祝いにこれまでの人生のなかで最高のプレゼントを手にした。 ジョンソンの誕生日は10月14日で、そのときはまだクライマックスシリーズが行なわれている最中だっ …

菊池激白!リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、「嫌われ役に」なる

菊池激白!リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、「嫌われ役」を決意

広島の菊池涼介内野手(27)が春季キャンプ休日の5日、スポニチ本紙の単独インタビューに応じた。 リーグ3連覇と日本一を大目標に掲げ、自身3年ぶりの全143試合出場に強い意欲を燃やす今季。従来通り先頭に …