カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

まるでモーゼ?ドア?坂倉の空飛ぶ抱擁…カメラマンの年イチショット

2021年12月29日

まるでモーゼ?ドア?坂倉の空飛ぶ抱擁…カメラマンの年イチショット

スポーツ報知のカメラマンが2021年に激写した数多くの写真から“年イチ”のベストショットを紹介する企画。豊田秀一記者編です。

9月7日の広島―中日戦(マツダ)。広島・坂倉将吾捕手が、プロ5年目で初めて規定打席に到達し、セリーグ打率1位に躍り出た。この記念すべき日を、人生初という逆転サヨナラ弾という最高の形で飾った。

私がファインダー越しに生還するヒーローを追いかけていると、ベンチから一斉に飛び出したナインに隠れて、本人の姿が見えなくなってしまった。

「やばい!」と思った次の瞬間だった。まるで自動ドアの扉が開くように、あるいはモーゼが海を割ったように、チームメートたちの背中が2つに別れ、すーっとスペースが生まれたのだ。

そして、出迎えた一塁走者の鈴木誠也外野手とジャンプしながら抱き合うシーンを撮ることができた。ちなみに、横に並んでいた他紙のカメラマンのほとんどは、この決定的瞬間が見えなかったということだ。

結果的に首位打者となった鈴木誠と最終戦までタイトル争いを演じながら、惜しくも2厘差で2位に終わった坂倉。メジャー挑戦を表明している主砲から後を託された来季も、打線の中軸としての活躍を期待したい。(豊田秀一)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

カープの若き主砲・鈴木誠也、打撃以前に驚いた『丸刈り』の訳とは?

カープの若き主砲・鈴木誠也、打撃以前に驚いた『丸刈り』の理由とは

明らかにスーパースターへの道を歩いているな-。7月24日から阪神-広島3連戦(甲子園)で、これまでの思いをさらに強くしました。 広島の若き4番打者・鈴木誠也外野手の話です。 24日の第1戦、2点リード …

3連覇の代償が…ブレイク組のプラス分をはき出した主力の『不調』

3連覇の代償が…ブレイク組のプラス分をはき出した主力の『不調』

収穫と誤算 今季の広島はリーグ4連覇を逃しただけでなく、クライマックス・シリーズすら出場できない4位に終わった。開幕直後に出遅れ、5月は球団記録となる月間20勝を積み重ねるも、ジェットコースターのよう …

鈴木の「移籍報道」に松田オーナーが大激怒…一体何が起こったのか?

鈴木の「移籍報道」に松田オーナーが大激怒…一体何が起こったのか?

「メジャー移籍」報道のウラで… プロ野球はストーブリーグが本格化してきた。 もっとも注目されているのは、メジャーへのポスティング移籍が決定した広島・鈴木誠也(27歳)だろう。 「今季は5月にPCR検査 …