カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良&新井氏新春対談/V奪還へ輝き取り戻す!キャリアハイに自信

2022年1月1日

大瀬良&新井氏新春対談/V奪還へ輝き取り戻す!キャリアハイに自信

輝く2022年が明けた。広島の大瀬良大地投手(30)は、自身の進化に大きな希望を抱き、キャリアハイの高みを目指す。

スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(44)との新春対談。エースは(1)昨季の挫折から得た新たな発見(2)FA残留と選手会長就任の舞台裏(3)師事する第一人者との出会い秘話(4)新年への意気込み…などを、余すところなく語った。

新 井 大地、明けましておめでとう。

大瀬良 明けましておめでとうございます。

新 井 昨季は後半戦だけで7勝をマークした。自分の可能性を改めて感じたと思う。

大瀬良 後半のパフォーマンスを年間通して出せたら…ですね。

新 井 黒田博樹さんがメジャー挑戦したのは33歳で、そこからまた成長した。そう考えると、大地にはまだまだ伸びしろがある。

大瀬良 維持しようと思ったら練習もそこに合わせてに…なりますが、上はまだあると思えているので。

新 井 当然よ。

大瀬良 若手に負けないぐらい走ったり、トレーニングしたり。

新 井 今年31歳でしょ。まだまだこれからだって。ピークはまだ先にあるから。

大瀬良 そのつもりで今はやっています。今年だけでなく、2~5年後のために練習しているつもりです。

新 井 35、36歳ぐらいにピークを持って行くという気持ちでやった方がいいよ。20秒の休憩を挟み、100メートル走を20秒以内で何十本も走ると聞いた。

大瀬良 相当にキツいと思いますよ。ボクよりも若い選手が付いて来られない。だから、オレに負けていてはダメだよ…と。行動で示さないと、言葉に説得力もなくなるので。

新 井 キャリアハイを目指そうか。

大瀬良 いけるんじゃないかな…と。昨季も、4月に右ふくらはぎを痛めなければチャンスがあったと思いますし、関連してプラスの学びがあるので。

新 井 夏場に相当追い込んだと聞いた。

大瀬良 ケガして投げる感覚が全部ゼロになり、プレートも蹴れない感じでした。従来通りのトレーニングをしていては戻らないな…と。キツいけど、トレーナーさんからも“チャレンジだし、負荷はかかるけど、やれば絶対に身になる”と背中を押されて。

新 井 うん。

大瀬良 今まで夏場にこれほど追い込んだことがないし登板前日も体がバキバキで動かない。投げられるのか不安に思いながらマウンドに登ると、すごくいいボールが行ったりするんです。

新 井 なるほど。

大瀬良 夏場は暑さで体力が落ちる。維持するために練習量を減らしていたけど、めちゃくちゃハードに練習した方がパフォーマンスが上がった。新しい道が見えたと言うか。

新 井 発見だな。

大瀬良 発見です。このケガがないと絶対にやっていないので。

新 井 ボクが38歳で気付いたことを大地は30歳で気付いている。ボクもいいパフォーマンスを出そうと思って夏場は体を休ませていたけど、阪神時代の前年と違ってカープに復帰した15年は出場試合数が激増し、夏場前から一気に体が動かなくなったんよ。成績もガクンと落ちた。その反省から、翌年は夏場でも走って追い込んだら、成績がパッと上がった。今の話を聞くとすごく分かる。

大瀬良 チャレンジは大事ですね。新しい発見がありました。

新 井 今年は自分への期待が大きいな。

大瀬良 はい。発見の中でいいものをつかめたので、引き出しになると思います。

新 井 昨年は国内FA権を取得し、残留を決めた。行使するか否か悩んだと思う。

大瀬良 悩みましたね。4月に権利を取得した直後にケガで離脱して、難しいかな…と思ったりもしましたけど、後半戦に盛り返せたので、これなら欲しいと言ってくれる球団があるかな…と。いろいろ考えました。

新 井 FAは選手が頑張った証だし、権利だからね。移籍するしないは別にして、他球団の評価を聞いてみたいと思うのは当然だと思う。私の場合はぶっ叩かれてしまいましたけど(笑い)。

大瀬良 いろいろ悩んでいる時に新井さんとか、カープでFA権を取って移籍した人、残った人の会見を全部見ました(笑い)。

新 井 ボクの場合はFA宣言したらダメだろう…と、自分自身が思っていたからね。何が決め手になった?

大瀬良 会見で話した通り愛着ですかね。嫁さんが広島出身というのもあったし。

新 井 優しいな。FAで嫁さんのことを考えるなんて。

大瀬良 ま、新井さんもそうなんですが、移籍した場合、若い時に黒田さんや石原(慶幸)さんに教わったことを、そのチームの若い子に聞かれると答えないといけない。何かそれは違うな…と思って。自分の人生なんですが、人生の一部分に関わってもらった先輩たちが居て、いろいろ教えてくださった。その教えを伝えていくのはカープがいいな…と。

新 井 (うなずく)

大瀬良 金銭的なことで判断すれば別の選択があったかもしれませんが、ボクは野球人としての価値をカープに感じたし、カープの方がボクらしく野球ができると思った。そこが一番ですかね。

新 井 それが愛着なんだろうね。

大瀬良 黒田さん、新井さんがカープに復帰されていなかったら、別の決断があったかもしれない。そもそも、FA権を得る立場になっていたかどうかも分かりません。

新 井 自分はそんなに大したもんじゃないけど、大地はどん欲だったからな。ドラフト1位でありながら、謙虚でハングリーさがある。そんな1位選手はボクが見てきた中では数少ない。そう感じたのが、15年の最終戦(10月7日の中日戦、0―3で敗れ、3年連続のCS進出逃す)。大地が最後に打たれて涙した、あの試合。

大瀬良 はい。

新 井 その後の選手会納会の時だったかな。あの時はまだ一度も黒田さんと食事を共にしたことがなかったよね。大地が言ってきたんだったっけ。

大瀬良 声を掛けていただきました。

新 井 黒田さんに話が聞きたいとなり、その後、手塚(一志=上達屋主宰)さんが入ってきたでしょ。

大瀬良 そうです。15年にお話をいただいて、直接会ったのは16年の大みそかです。

新 井 あの時に感じたよね。何かを吸収したいんだって。ドラフト1位は、いい意味でも悪い意味でも“自分”を持っている選手が多いけど、大地には謙虚さがあり、行動につなげたからこそ、ここまで成長できたと思うな。しかも、黒田さんという投手には最高の手本がいた。でも、すべては自分自身よ。黒田さんがいくら参考になるアドバイスを言ってくれたとしても、心に響かなかったら入って来ない。それをチョイスするのは大地自身。誰を選ぶかは。

大瀬良 はい。

新 井 石原の愛情のある指摘もあった。“今の大地のストレートでは終わってしまうぞ”だったかな。

大瀬良 そうです。そういう経緯の中で、石原さんに“黒田さんが(上達屋に)行かれているから聞いてみたら”と。手塚さんにお世話になるにも勇気がいるので、どうしようか迷っていたところ、食事させてもらった席で黒田さんに“体の硬さとか、大地はオレに似ているところが多いので、合うと思うけどなぁ”と言っていただいたのが契機でした。

新 井 なるほど。

大瀬良 ただ、いざアポイントを取ってみると、手塚さんのスケジュールは大みそかしか空いていなかったんです。その日、ボクは長崎に帰省中。手塚さんは京都でボクシングの選手を見る仕事があり“試合前の30分間なら時間が取れる”と。それで大みそかの始発で長崎から京都に向かい、体を30分ほど見てもらって“来年からお願いします”と。一日がかりでした。

新 井 すごいな。それでまた長崎へトンボ返りしたんだ。

大瀬良 ボク自身、変わらないとダメだ…と思っていたので“時間を少しでもいただけるなら、お話を聞かせてください”と頼んだのが最初ですね。

新 井 今年はどういう1年にしたい? 選手会長という重責を新たに担うけど。

大瀬良 チームが勝つ。勝てばいい。それだけです。もちろん、その中で自分の成績が付いてくるに越したことはないですけどね。

新 井 そうだな。

大瀬良 選手会長として、いろいろ発信したりしないといけない立場なので、成績も残していかないと、言葉の重みに影響するとも思うので。でも、自分のことよりもチームが勝つ、チームがいい方向に行くこと。そこが一番ですね。

新 井 引き受けるに当たって、やらなければいけないという義務感がどこかにあったのかな。(前選手会長の田中)広輔に“FA宣言せずに残るなら任せたい”と言われていたようだけど。

大瀬良 やっていかないといけないかな…とは思っていましたけど、それこそ投手が選手会長を務めたケースは少なかったですからね。振り返ると、すごい人(北別府学、佐々岡真司、黒田博樹)ばかりで。ボクに重責が務まるかな…と。

新 井 黒田さん以来だからね。大地が言うように、投手でも先発が会長をやるのは特に大変だと思う。先発投手にはリズムがあるから。中5日、中6日とか。そこに会議が入ってくるとなると、調整が難しくなるし、リズムが崩れかねない。

大瀬良 はい。

新 井 理想を言えば野手がいい。でも、こればかりは…ね。恐らく、アツ(前々選手会長の会沢翼)も広輔も、人選をいろいろ考えて、検討したんだと思う。その中で大地が最も適任だ…と。

大瀬良 ありがたい話だと思います。

新 井 ただ、投手だから負担が大きくなる。しかも先発は。中継ぎ投手なら基本、チームに同行するので、名古屋で会議をやります…となっても大丈夫だけどね。

大瀬良 そうなんですよ。(マツダスタジアムで)残留(調整)があるので、そこが難しい。今年は(先発投手で)ボクだけでも同行しようかな…と思ってはいますけどね。

新 井 同行すると(調整が)大変だろ。

大瀬良 大変ではありますけど、ま、でも1年目はほぼほぼ同行していたので、経験はあります。負担に感じることもあるとは思いますが、チームの雰囲気を把握しておきたい…という思いもあるので、この役職を与えてもらった以上、責務は全うしないと。

新 井 あまり無理をしすぎるなよ。

大瀬良 広輔さんに相談したら“そこまでしなくてもいいよ”と言ってもらいましたけど、ボクはチームに同行した方がいいと思っていますので。

新 井 そういう姿を、後輩たちは見ているからな。間違いなくいい影響がある。

大瀬良 はい。

新 井 ただ、老婆心で言わせてもらうけど、いつでも方向転換できるように、できるだけチームに同行するというスタンスで、最初はいいんじゃないかな。それくらい先発投手の調整は大変だと思う。シーズン通して同行すると宣言し、退路を断つのもありかもしれないけど、負担になって成績に悪影響を及ぼすことになれば、それこそ本末転倒。受けた以上は、覚悟を持って責務を全うするという、大地の気持ちはよく分かるけどね。

大瀬良 もちろん、そんな半端な気持ちではできませんから。

新 井 (鈴木)誠也がメジャーに挑戦する。今まではエースと4番打者で分担できていたけど、今年は大地により大きな期待がかかる。古い言い方かもしれないけど、エースは背負った中でマウンドに上がる。結果がすごい選手がエースじゃないからね。自分のためだけじゃなく、チームのために腕を振る、そんなオーラを出せる投手がボクはエースだと思う。昨季優勝したヤクルトで言えば、石川(雅規)がそう。

大瀬良 ボクも同感です。石川さんがエースだと思いますね。

新 井 選手会長の立場で、佐々岡監督に野間(峻祥)を野手キャプテンに推したと聞いた。なぜ野間を?

大瀬良 30歳が近いし、やらなきゃいけない選手。環境が人を変えることもあると思いますし、その立場に置くことで彼自身が変わり、いい方向に行ってくれると思ったので進言しました。

新 井 ロッカーも近いんだよな。野間とはよくしゃべって。

大瀬良 後輩とのやり取りを見ていて。周りが見えるので。

新 井 そこら辺もやっぱり、大地はしっかり見てるよな。グラウンド外のことを含め、いろいろ観察していると感じる。野間の人選一つを取っても。

大瀬良 万が一こけちゃったら一緒に頭を下げる…と、野間には伝えています(笑い)。

新 井 野間もそうだけど、チームには期待できそうな選手や、楽しみな若手が数多いし、台頭してきた。

大瀬良 ボクもそう思いますね。

新 井 若い投手で言えば、玉村(昇悟)が面白そう。

大瀬良 玉村はいいですね。一緒にキャッチボールをやってビックリしました。

新 井 ボールが強いんでしょ?

大瀬良 なかなか無いです。マエケン(前田健太)さんと初めてやった時も“ワッ”て思いましたけど、キャッチボールをいろいろ見てきた中で、近い距離からピュッと投げ、手元で“ワッ”と感じた衝撃は上位ですね。玉村の方が、マエケンさんよりも強かったかもしれない。だから、打ちにくい、合わせにくいんでしょうね。

新 井 大学の後輩の島内(颯太郎)もいいものを持っている。

大瀬良 真面目すぎるがゆえの気持ちの持って行き方が苦手で、マイナス思考に陥ると引っ張られてしまうところがありますが、そこだけだと思います。ボールはすごいので。

新 井 それこそ成長したら、抑えを任せられるぐらいのポテンシャルがある。

大瀬良 そう思いますね。投手目線で言うと、フォークとチェンジアップをうまく投げ分けられるのがすごいと思います。

新 井 大道(温貴)はどうかな?

大瀬良 大道はボクっぽい性格と言うか、どん欲に話を聞きに来ますね。練習も一緒です。広島で年を越すと伝えたら、“ボクも年末年始は広島に居るので、練習できる時間があれば一緒にやってもらえませんか”と。

新 井 うんうん。

大瀬良 ドラフト指名された時の、自分に自信を持っているかのようなコメントを読むと、合わないタイプかな…と思っていましたが、誤解でした。彼が2軍にいる時にわざわざ電話をかけてきて、“自主トレを一緒にやらせてほしい”と。やる気でいるので少しでもプラスになることを伝えられたら…と思っています。

新 井 やることが増えるな。投手が投げないと試合は始まらないわけだから、基本、投手にはお山の大将が多い。でも、大地は特別。他人の痛みが分かるから。ただ、選手会長になった以上は、言いにくいことも言っていかないといけない。言い方を考えながら、少しずつ伝えていくことが大地のためだし、カープのためでもあると、ボクは思う。

大瀬良 アツさんにも言われました。“優しさはお前のいいところだけど、これからは厳しく言うことも必要になるぞ”と。

新 井 何事も大事なのはバランス。野球だけじゃなく、別の競技もそうだし、サラリーマンもそう。バランス感覚が大事。大地は優しい性格だから、厳しいことは言いづらいと思うけど、逃げてはダメだと思うな。

大瀬良 これまでは厳しく言わなくても、優しく伝えることで気付いてくれないかな…と思っていました。ただ、そういうふうに接してきたからこそ、厳しく言えば“これは本気で言っているな”とか“変わったな”と感じると思いますし、より響くのかな…と。

新 井 そうだね。

大瀬良 ボク自身、変わらなきゃいけない部分があると思っていますし、そこに選手会長という役職を与えてもらった。そのことを、いい意味で変わるキッカケにしていこう…と考えています。

新 井 素晴らしいね。そういうポジティブな受け止め方は素晴らしい。いろいろ話を聞かせてもらい、ありがとう。ケガがないよう祈っています。

大瀬良 ありがとうございました。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

カープ、「進撃の5月」を検証!試行錯誤で『投・攻・守』にバランス

カープ、「進撃の5月」を検証!試行錯誤で『投・攻・守』にバランス

開幕直後は最下位に低迷したが、4月17日からの8連勝で持ち直し、5月2日から引き分けをはさんで4連勝、同11日から11連勝。守備が乱れ、投手陣が踏ん張れず、攻撃もつながらなかったかつての姿は見られず、 …

90年代、カープBEST9は?リーグ優勝1回と徐々に低迷期へ突入

90年代、カープBEST9は?リーグ優勝1回と徐々に低迷期へ突入

近くて遠い90年代プロ野球――。いまから20年以上前、各球団ではどのようなことが起こっていたのか。プロ野球が熱かった90年代を12球団ごとに振り返る。 91年に歓喜に沸くも…… 3度のリーグ優勝を成し …

令和初の三冠王は?で坂本&筒香の意見一致!「右打者で、一番尊敬」

令和初の三冠王は?で坂本&筒香の意見一致!「右打者で、一番尊敬」

2007年から不定期で放送されているフジテレビのスポーツバラエティ「World Baseballエンタテイメント たまッチ!」が4日深夜1時55分から、令和になってから初めて放送され、「令和初の三冠王 …