カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ポスト誠也は30兆円企業トップ御前で熱唱したメンタルモンスター!

2022年1月1日

ポスト誠也は30兆円企業トップ御前で熱唱したメンタルモンスター!

スポーツ報知の記者が2022年に各界でブレイクしそう、バズりそうな選手、芸能人を紹介する企画「2022年スバリ!バズり予報」。畑中祐司記者編です。

いきなりのむちゃぶりに応じるのは、そう簡単なことではない。しかも、それが雲の上のような存在からであれば、なおさらだ。広島からドラフト3位指名で入団した中村健人外野手は、それを完璧にやってのけた。

ドラフト会議2日後、中村健は、在籍するトヨタ自動車の「トヨタイムズ放送部」配信番組に生出演した。そのオンエア中に「声がいい? カラオケうまいのかな?」とコメントが寄せられた。言葉の主は、年間売り上げ30兆円の超巨大企業である同社の豊田章男社長だった。自身のセールスポイントに「筋肉からもたらされる打撃」に加え、チームを鼓舞する「声」を挙げていた。「無理しなくていいよ」というMCの気遣いもどこ吹く風。「いきます!」と立ち上がり、堂々と玉置浩二の「田園」を歌い上げた。

好きな歌手は「YOASOBI」だという。「最初は頭にYOASOBIとかが浮かんだんですけど(候補から)どかしてどかして、おじさまたちにウケる曲を、ということで。声が低いので、モノマネ用で練習していたので」。慶大の大先輩でもある豊田社長に向けて瞬時に選び出した1曲で満足させた。

強心臓から来る勝負強さは、本業でも存分に発揮する。都市対抗東海地区第3代表決定戦では、4番として本大会出場を決める満塁本塁打を放った。今季、主砲の鈴木誠のメジャー移籍が濃厚だけに、右の強打者はチームの最重要課題だ。「枠を争う1人であるとは認識しているので、先頭に立って争っていきたい思いでいっぱいです」

トヨタ自動車時代には野球部の伝統だという「お笑い担当」にも選ばれた“元気印”。昨季は同社のエースだった栗林が絶対的守護神として新人王を獲得。その“失敗しない男”に続き、今季は背番号50の“鋼のハートを持つ男”から目が離せない。(畑中祐司)

◆中村 健人(なかむら・けんと)1997年5月21日、名古屋市生まれ、24歳。小学2年から野球を始める。中京大中京では1年夏からベンチ入り。3年夏に甲子園出場。慶大では1年春からリーグ戦に出場し、3年秋には明大・森下(現広島)から本塁打を放つなど5本塁打。トヨタ自動車では主に4番を務めた。身長183センチ、体重90キロ。右投右打。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

西川が「サヨナラ賞」初受賞!「最低限の仕事をすることだけ考えて」

西川が「サヨナラ賞」初受賞!「最低限の仕事をすることだけ考えて」

広島の西川龍馬外野手(27)が3、4月度の「スカパー! サヨナラ賞」を初受賞した。 西川は3月29日の阪神戦(マツダスタジアム)で1点ビハインドの9回1死満塁から阪神湯浅京己(あつき)投手(22)の内 …

ケガで離脱していた中村恭平、捕手を座らせてのブルペン投球を再開!

ケガで離脱していた中村恭平、捕手を座らせてのブルペン投球を再開!

2月春季キャンプ終盤に「右腹直筋損傷」で離脱していた広島中村恭平投手が28日、捕手を座らせてのブルペン投球を再開させた。 広島・廿日市市の大野練習場の2軍練習に参加。序盤は様子見で捕手をベースの前に座 …

床田、ジョンソンと左腕先発2本柱!開幕ローテ「それは僕がつかむ」

床田、ジョンソンと左腕先発2本柱!開幕ローテ「それは僕がつかむ」

広島・床田寛樹投手(23)は、ジョンソンと先発左腕の2本柱結成を見据えた。昨年7月の左肘のトミー・ジョン手術から支えてくれた球団への感謝を伝える覚悟を示したもの。患部の経過も順調で、手術前よりも直球、 …