カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

スタメン最速予想!誠也の穴をどう埋める、若手成長も新助っ人がカギ

2022年1月3日

スタメン最速予想!誠也の穴をどう埋める、若手成長も新助っ人がカギ]

21年は高卒3年目コンビの小園、林が成長、2年目の宇草もシーズン終盤は1番で起用

リーグ3連覇から3年連続のBクラスに沈んだ広島は3月25日にDeNAと開幕戦を迎える。チームの主軸を担ってきた鈴木誠也が、ポスティングによるメジャー移籍を果たせば大きな戦力ダウンとなるのは否めないが、勝負の3年目となる佐々岡真司監督の采配にも注目だ。春季キャンプやオープン戦を通じてチーム内の戦力に変動がある可能性はあるが、現時点での開幕スタメンを“最速”で占ってみたい。

2021年はチーム打率リーグトップの.264をマークしたが得点はリーグ3位の557と苦しい戦いを強いられた。それでも将来のカープを背負うであろう楽しみな若手が多いのも確かだ。あと一歩で打率3割に乗せる活躍を見せ遊撃のレギュラーを獲得した小園海斗、三塁には2桁本塁打(10本)を放ちブレークの兆しを見せた林晃汰と高卒3年目コンビが着実に成長。ベテラン勢の堂林翔太、田中広輔らも黙ってはいないだろう。

二塁にはキャリアハイの16本塁打、60打点をマークし9年連続9度目のゴールデングラブ賞を獲得した菊池涼介が君臨。勝負強い打撃を見せており、中軸の後を任される場面も多かった。一塁には正捕手としても期待される坂倉将吾を推したい。リーグ2位の打率.315、12本塁打をマークし初の規定打席にも到達した打撃を生かしたい。

鈴木誠が抜ける外野陣は若手にとっては大きなチャンスとなる。シーズン終盤には主に「1番・中堅」で起用された宇草孔基は規定打席未到達ながら打率.291を記録し、俊足も大きな魅力だ。左翼にはチーム最多の137試合に出場し144安打をマークした西川龍馬、右翼はチームの命運を握る新助っ人のライアン・マクブルームに期待したい。

その他にも野間峻祥、長野久義、松山竜平、大盛穂、中村奨成らベテラン、中堅、若手が熾烈なポジション争いを繰り広げるだろう。ドラフト3位の中村健人はパンチ力のある打撃が売りの外野手、6位の末包昇大は110キロの巨体ながら走守の評価も高い右のスラッガー。アピール次第では開幕1軍もありそうだ。

開幕投手は3年連続で大役を務めている大瀬良大地、13勝をマークし最多勝の九里亜蓮、2020年の新人王で今季も先発ローテを守った森下暢仁が争う形になりそうだ。

【一覧】新助っ人の活躍次第でリーグ屈指の打線も夢じゃない? 最速で予想する広島の開幕スタメン

開幕スタメン

(※引用元 Full-Count

関連記事

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

リーグ3連覇を狙う広島に故障者が続出。6日のヤクルト戦(神宮)は延長11回サヨナラ負けを喫したが、それでも首位を堅守しているのはさすがだ。 ベテラン・新井貴浩内野手(41)は左腓腹筋挫傷のため開幕から …

石原×ジョンソンの日米最強バッテリー、ふたりが「運命」を感じた日

石原×ジョンソンの日米最強バッテリー、ふたりが「運命」を感じた日

クリス・ジョンソン(広島)はうれしそうな表情を浮かべ、昨シーズン達成したある快挙のことを思い出した。2019年9月3日、神宮球場でのヤクルト戦でジョンソンは8回を投げ2安打無失点の好投で、2年連続4度 …

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

開幕から、屈辱的な記録が続く…田中にも懸念される「不名誉な記録」

広島は2019年7月9日、ナゴヤドームで中日と対戦し3-6で敗れた。先発・山口翔投手(20)が1回5安打3失点で2回のマウンドに立つことなく降板。広島は2回以降、3人の投手を投入するも、中日打線に計1 …