カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下暢仁3年目「一番」の誓い、「開幕投手、15勝、最優秀防御率」

2022年1月24日

森下暢仁3年目「一番」の誓い、「開幕投手、15勝、最優秀防御率」

広島森下暢仁投手(24)が今季は「15勝&最優秀防御率」を目標に掲げ、腕を振る。6日から19日までは沖縄で大瀬良大地投手(30)らと自主トレを行い、21日からは拠点をマツダスタジアムに移した。

今季残したい結果を問われ、「一番は防御率のタイトルをとりたい。そうすることで勝ち数も増えてくると思う。チームで一番勝てるように。15勝を目指したい」。ルーキーイヤーの20年に10勝を挙げ、21年は8勝だった。防御率は20年が1・91、21年は2・98。先発陣の軸を担う右腕は、目標とするタイトルと数字について、はっきりと示した。

圧倒的な防御率を残した20年、タイトルは0・09差で逃している。「2年やったので、今年を一番いい年にしたい」。3年目の開幕を前に、力を込めた。

さらにもう1つ「開幕投手」という大きな目標も据えた。広島は大瀬良が3年連続で開幕投手を継続中。「やっぱり一番(最初)に投げたいという気持ちは持っているし、開幕戦を投げたいという気持ちはずっと変わらない。ここから実戦に入って負けないように、競争意識を持って取り組みたい」。自身初の大役に闘志を燃やした。

「チームとしては優勝争いをしたい。日本一になりたい」。明大4年時の19年に、エース&主将としてチームを38年ぶりの全日本大学野球選手権優勝に導いた右腕。今季こそは広島を4年ぶりVへ導くため、早くもエンジン全開だ。(前山慎治)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

かつての役割に未練を残す投手は、どれほどいるのだろうか。広島・中村恭が先発転向を直訴した。「元々、先発として結果が出なかった。年齢(31歳)も考えて挑戦するなら今がいいと思った」。救援に本格転向した1 …

森下が調整「目標高く」、ハイクオリティースタート11度も慢心なし

森下が調整「目標高く」、ハイクオリティースタート11度も慢心なし

広島森下暢仁投手(24)が、8日から始まる秋季練習に向けて、2日続けてマツダスタジアムで調整を行った。今季チーム最多の163回1/3を投げたが、シーズン終了後の休養は3日間だけ。1月の自主トレに向けて …

菊池涼介の「野球観」/大好きな『イチロー』氏と、異なる点とは?

菊池涼介の「野球観」/大好きな『イチロー』氏と、異なる点とは?

広島菊池涼介が、尊敬するイチロー氏の考えについて「ちょっと違うと思うんですよね」と言う部分がある。3月の引退会見で、野球の魅力について語った以下の部分だ。「団体競技なんですけど個人競技なんですよ。個人 …