カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ野球ファンが選ぶ「イケメンベストナイン」若手投手部門1位は?

2022年1月29日

プロ野球ファンが選ぶ「イケメンベストナイン」若手投手部門1位は?

ツイッターを通じて各ポジションごとの“イケメン”を集計

2月1日のキャンプインまで残り10日強。ファンにとっては1年で最も野球に“飢える”時期ではないだろうか。ユニホームを着たカッコいい選手たちが現れる前に「Full-Count」では公式ツイッター上で各ポジションの“イケメン選手”を選ぶアンケートを実施。ベストナインを選出していく。

最初に集計するのは先発投手編だ。編集部スタッフが候補選手4名を選出し、アンケートにかけた。ノミネート選手の絞り込みは難航。30歳以下の「若手編」では、森下暢仁(広島)、山岡泰輔、山崎福也(オリックス)、吉田輝星(日本ハム)が“予選”を突破した。

接戦が予想されたものの、投票総数7150票から過半数に迫る支持を得たのが森下。東京五輪で金メダルも獲得し、今が旬の右腕は、優しげな雰囲気もあり43.4%と支持を広げた。続いたのがやんちゃそうなイメージの山岡で26.2%。以下山崎福の16.9%、吉田の13.5%と続く。昨年は森下が4位、山岡が1位で、知名度のアップが逆転につながったか。

さらに、コメントでは「山崎颯一郎様がおりませんぞ!」「広島の大道温貴投手です」とノミネート外の選手に支持が集まった。ファン感謝デーで“吹田の主婦”として披露したエプロン姿が広まった山崎颯には「オリ姫」から熱い支持の声があがった。

また、救援投手部門では板東湧梧(ソフトバンク)が59.1%の支持を集めぶっちぎりの1位。昨年に続く連覇で、目鼻立ちのきりっとした正統派の“男前”だ。2位の宮國椋丞(DeNA)は16.8%で、トリプルスコアの圧勝だった。以下、高橋純平(ソフトバンク)が13.8%、高山優希(日本ハム)が10.2%と続く。

こちらでも、先発リリーフの両刀使いだった大道のノミネート入りを求める声が集まったほか、佐々木千隼(ロッテ)を支持する声も集まった。

(※引用元 Full-Count

関連記事

田中の『スタメン固執』に募るファンの不満「過去の実績だけでは…」

田中の『スタメン固執』に募るファンの不満「過去の実績だけでは…」

広島東洋カープ・田中広輔の不振が続いている。セ・リーグ3連覇の黄金時代にリードオフマンとして打線を牽引してきた男が苦境を迎えている。 2021年4月19日現在で打率.159、1本塁打、1打点、0盗塁。 …

丸・誠也「コンビでOPS1.1超え」、ONでも達成していない偉業

丸・誠也「コンビでOPS1.1超え」、ONでも達成していない偉業

丸・鈴木がともに「OPS1超え」 猛打で他球団を圧倒し、3連覇へ突き進む広島。打線の中心は、まぎれもなく丸佳浩と鈴木誠也の3番4番コンビだ。 3番丸はリーグトップの35本塁打、4番鈴木も28本塁打。と …

再昇格予定のドラフト1位・小園、後半初戦で『1番先発』の可能性

再昇格予定のドラフト1位・小園、後半初戦で『1番先発』の可能性

広島ドラフト1位の小園海斗内野手(19)が後半初戦の15日DeNA戦(横浜)で再昇格し、1番を任される可能性が出てきた。 今月1日に2度目の登録抹消となったが、その後2軍で全試合で安打を放ち、フレッシ …