カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

厳戒態勢で宮崎入り、接触減らし分散陸路…佐々岡監督「勇気与える」

2022年2月1日

厳戒態勢で宮崎入り、接触減らし分散陸路…佐々岡監督「勇気与える」

広島が1月31日、広島から陸路で宮崎・日南市に移動した。感染拡大を予防するため、例年と移動手段を変更。同27日以降、チーム内で陽性者が5選手出たこともあり、厳戒態勢でのキャンプ地入りとなった。この日、キャンプメンバーの変更も発表された。それでも佐々岡真司監督(54)は毅然(きぜん)とした態度で、思い描くチームづくりにまい進することを誓った。

キャンプ地・日南までの道のりは例年と違った。例年であれば福岡を経由して空路だったが、今年はコロナ対策で一般客との接触を減らし、チーム内での距離感を保つため、陸路を選択。広島から新幹線を2便に分け、熊本・新八代駅まで行き、そこから宿舎までの約170キロは2時間以上もバスで揺られた。1台20人程度で3台に分散させて距離を取り、万全の感染対策をとってキャンプ地入りした。

佐々岡監督 コロナ、コロナと、世の中は暗い話ばかりなので、我々は変わることなく、野球を通して皆さんに元気、勇気を与えるのが使命だと思います。我々は今年は優勝するんだという気持ちを全員が持って、明日からのキャンプに向けて頑張っていこうと話しました。

バス移動の疲れも見せず、指揮官は胸を張った。広島の雲行きが変わったのは、キャンプイン目前の1月下旬。28日のスクリーニングPCR検査で3選手とスタッフ1人の計4人が陽性判定となり、30日の同検査では1選手が陽性判定を受けた。

1軍参加を予定した田中広、西川、木下が陽性となり、上本、野間、大盛を球団独自の判断で「濃厚接触の疑い」とした。さらに坂倉が上半身コンディション不良のため2軍スタートに変更された。野手の離脱が相次いだことで、参加選手の入れ替えを急きょ決めた。2軍スタート予定だった韮沢の1軍スタートがこの日、発表されるなどキャンプ前日まで慌ただしかった。

ようやくキャンプインまでたどり着いた。1軍参加33選手はセ・リーグ最少も、佐々岡監督は「こういう状況なので、人数は少ないですけど、同じ内容で行きます」と毅然(きぜん)としていた。予防対策を徹底しながら、明確なビジョンを持ってチームづくりを進めていく。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

緒方監督、3連覇に向け引き締め「100点満点なんてないんだから」

緒方監督、3連覇に向け引き締め「100点満点なんてないんだから」

広島・緒方孝市監督(49)が27日、沖縄キャンプを打ち上げ、3連覇に向けた不安を口にした。投打ともに盤石の陣容がそろってはいるが「不安材料はたくさんある。いろんなアクシデントやけが人とかもね。100点 …

今村、昨季ウエスタン3冠王のメヒア…1軍キャンプから漏れたのは?

今村、昨季ウエスタン3冠王のメヒア…1軍キャンプから漏れたのは?

今村は昨季43試合に登板も、防御率5.17に終わる… 1月も半ばが過ぎ、いよいよ2月1日のキャンプインが迫ってきた。各球団が続々と監督・コーチ会議などを実施し、キャンプインに向けた組分けを行い、発表し …

紅白戦の四球激減で『四球癖』改善の兆し「今の段階ではできている」

紅白戦の四球激減で『四球癖』改善の兆し「今の段階ではできている」

広島の1軍は13日、今月1日から天福球場で行ってきた宮崎・日南での1次春季キャンプを打ち上げた。 昨季リーグワーストの483四球を与えた投手陣は、高橋投手コーチらがブルペン投球から制球を意識させるなど …