カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

マツダスタジアムの本塁打王は?トップ10に新井氏らV3戦士ズラリ

2022年2月6日

マツダスタジアムの本塁打王は?トップ10に新井氏らV3戦士ズラリ

2009年開場当時の主砲・栗原健太氏は22本で9位タイ

広島の本拠地であるマツダスタジアムが開場したのは2009年。長くファンに親しまれた初代・広島市民球場の後を継いだ新スタジアムでは、昨季までに公式戦は888試合が行われ、1358本のアーチが飛び出した。

ここではマツダスタジアムでの通算本塁打トップ10を紹介。2016~2018年のリーグ3連覇に貢献した選手がズラリと並ぶ結果になった。

1位は鈴木誠也で88本。2016年から昨年まで6年連続25発以上放った主砲は、本拠地でも多くのアーチを架けてファンを沸かせてきた。ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指している今季、新天地はどこになるだろうか。

2位は2018年まで広島に在籍した巨人・丸佳浩で78本。自身最多の39本塁打を放った2018年にはマツダスタジアムで20本塁打を記録した。65本で3位のブラッド・エルドレッド氏は2012年途中からから2018年まで広島に在籍し、2014年に本塁打王になっている。

他にも菊池涼介、松山竜平、會澤翼、田中広輔と現役のV3戦士がランクイン。

そして、通算319本塁打を放ち、3連覇にも大きく貢献した新井貴浩氏は22本で9位タイに。ちなみに初代・広島市民球場では歴代6位の108本塁打を記録している。また、マツダスタジアム開場当時の主砲だった栗原健太氏も9位タイにランクインしている。

【一覧】2016-18年のV3戦士がズラリ…マツダスタジアムでの本塁打数TOP10

【一覧】2016-18年のV3戦士がズラリ…マツダスタジアムでの本塁打数TOP10

(※引用元 Full-Count

関連記事

あまりに痛かった主力の大量離脱…交流戦で急降下したカープの前半戦

あまりに痛かった主力の大量離脱…交流戦で急降下したカープの前半戦

光明は若手の台頭、ドラフト1位ルーキー・栗林良吏が守護神に 前半戦を終えて32勝42敗10分、借金10の5位で前半戦を折り返した広島。3位ヤクルトとは11ゲーム離れており、クライマックスシリーズ進出は …

『魔の8回』問題をどうするか…今村猛が期待する中﨑翔太の完全復活

『魔の8回』問題をどうするか…今村猛が期待する中﨑翔太の完全復活

“魔の8回”―― 今シーズンのカープを象徴するような言葉として、ネット上で多く見かけます。抑えの栗林良吏選手に繋ぐ投手がなかなか決まらず、13日現在で8回のイニング失点数は54と最多……。一時に比べて …

誠也の穴は埋まる?!新4番候補・林の育成に求められるベンチの我慢

誠也の穴は埋まる?!新4番候補・林の育成に求められるベンチの我慢

昨季10本塁打の「未来の主砲」林晃汰 ポスティングシステムを申請してメジャー挑戦を目指している広島・鈴木誠也の移籍報道が活発になってきた。レッドソックスやドジャースなどが有力とされ、鈴木は25日に松田 …