カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田、開幕ローテへ『一発快投』!シート打撃で、打者11人から5K

2022年2月9日

床田、開幕ローテへ『一発快投』!シート打撃で、打者11人から5K

一発回答だ。広島・床田寛樹投手(26)が宮崎・日南キャンプ第2クール最終日の8日、シート打撃に今春初登板して打者11人から5三振を奪った。最速146キロを計測するなど力強い投球で開幕ローテーション入りへ大きくアピールした。大瀬良、九里、森下に続く先発4番手、そして左のエース格としての期待がかかる。

ほとんどの球種で床田はインパクトを残した。左打席の韮沢からは内角直球で見逃し三振、同じ左の林にはカウント1―2から外角いっぱいへ最速146キロを投げ込んで空振り三振に斬った。

「韮沢のはめちゃくちゃ良いコースだったので、あれをシーズンでも投げたい。林のはコースも高さも手応えがあった一球だった」

右打者も苦にせず封じ込めた。ドラフト6位・末包(大阪ガス)を3球三振に仕留めたカーブは、ホームベースのかなり手前に落ちても空を切らせるほどキレが良かった。「ワンバンしちゃったのですが、軌道が良かった。もう少し奥に落とせるようにできれば」。堂林に対しては外角パームボールで完全にタイミングを狂わせ、体勢を大きく崩させての空振り三振。打者11人をわずか被安打2、奪三振5でまとめた。

「腕を縦振りにしたこと」で制球が安定し、カーブも切れるようになったと自己分析。佐々岡監督も決してリップサービスではない満点評価だ。

「投手では一番目立っている。キレもスピードあったし、真っすぐも変化球もしっかりと内外に投げ分けられていて、打者はなかなか打ち返せない」

19年7勝を自己最高に直近2年連続で5勝どまり。特に昨季は4勝が後半戦だった。8月29日の阪神戦で2勝目を挙げて以降に9月は3勝1敗、防御率0・93で月間MVPを獲得しても、4位争いをしている期間では喜びも半減。「昨年も一昨年も春先が全然ダメだったので、今年は最初の実戦から良いようにと準備をしてきた」と強調した。

開幕ローテーションは実績のある大瀬良、九里、森下まで当確。いずれも右腕で、布陣には左腕が欠かせない。「3人は決まっているので、しっかり争って4番目に入れるように頑張りたい」。快投で滑り出し、左のエース格としての期待が膨らんできた。(畑野理之)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

秋季練習打ち上げ、野間が手締め「今シーズンの悔しさを忘れずに!」

秋季練習打ち上げ、野間が手締め「今シーズンの悔しさを忘れずに!」

広島は21日、本拠地マツダスタジアムで行っていた秋季練習を打ち上げた。 全体練習後には、野間が円陣の中心に立ち、「今シーズンの悔しさを忘れることなく、秋季キャンプで取り組んだ課題にしっかりと向き合って …

新井『兄弟塾』開校!堂林翔太を熱血指導「スタメンから出る選手に」

新井『兄弟塾』開校!堂林翔太を熱血指導「スタメンから出る選手に」

広島・新井貴浩監督(45)が日南秋季キャンプで“兄弟塾”を開校した。良太2軍打撃コーチ(39)と堂林を熱血指導。現役時代に堂林と護摩行もともにした指揮官は「もちろん本人はそのつもりだと思うし、頭(スタ …

厳戒態勢で宮崎入り、接触減らし分散陸路…佐々岡監督「勇気与える」

厳戒態勢で宮崎入り、接触減らし分散陸路…佐々岡監督「勇気与える」

広島が1月31日、広島から陸路で宮崎・日南市に移動した。感染拡大を予防するため、例年と移動手段を変更。同27日以降、チーム内で陽性者が5選手出たこともあり、厳戒態勢でのキャンプ地入りとなった。この日、 …