カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

正捕手死守へ「まだまだ試合に出られる自信ある」/會澤インタビュー

2022年2月10日

正捕手死守へ「まだまだ試合に出られる自信ある」/會澤インタビュー

広島の会沢翼捕手(33)が9日、1軍キャンプ地の宮崎・日南でスポニチ本紙のインタビューに応じた。2度の故障禍に見舞われた2021年。チームは3年連続Bクラスに沈み、自身も東京五輪への出場機会を逃した。周囲の期待はあっても、揺らぎつつある正捕手の座。厳しい状況に会沢は「まだまだ試合に出られる自信はある」とし、正妻死守を強く誓った。

――キャンプでは結構な量を走っています。

「そうですね。自主トレから筋トレはあまりせずに、走ることを意識していました。多くの人に“30歳を超えたら走っておいた方がいいよ”と言われていたので、今年はやってみようかなと思って」

――まだ序盤だけど、状態は良さそう。

「すこぶるいいですね。ちょっと怖いくらいですし、自分でブレーキをかけています」

――昨季はケガもあって悔しいシーズン。改めて振り返ると。

「情けないですよ。ケガすること自体がダメですが、2度も離脱しているんだから。特に2回目(6月の左下腿腓腹=ひふく=筋挫傷)は“防げたかな”という思いがあるんでね。あの時は稲葉さん(篤紀=当時の侍ジャパン監督)からも電話がかかってきて、早めに仕上げたいという気持ちがあり、自分を抑えられなかった。教訓にしないと」

――故障防止へ、取り組んでいることは?

「走ることが一番ですね。それと足回り。股関節がどうしても硬くなってくるので、柔軟に動けるようにトレーニングを継続しています。若い頃は、そんなことを考えなくてもできたのにね。オフは体幹から下半身を意識してやっていました」

――昨季は坂倉が好成績を残しました。それでも広島の正捕手は会沢という期待の声が、相変わらず大きい。どう受け止めますか?

「結果の世界ですからね。周りの評価はどうであれ、自分自身がしっかりプレーすることの方に目を向けていきたい。ケガをして離脱していたら評価されないんですよ。チームが3年連続でBクラスに低迷する責任を感じていますし、リーグ3連覇した時の雰囲気がどうしても頭をよぎってしまい、イラ立ちも感じる。何でうまくかみ合わないんだろう…と。勝負の世界はそんなに甘くはないけど、その前に僕自身が試合に出続けて、結果を残していかないといけない。そのことは強く思っています」

――周りの評価はありがたいけれど、結果を残してこそ…と。

「そうですね。3連覇した時は試合にもそれなりに出ていましたし、そういう面ではモノ足りない…と、自分でも感じています。捕手は、チーム成績が良くないと評価されないポジション。少なくとも僕はそう思います。いくら打とうが優勝しないと。ヤクルトの中村(悠平)なんて典型的ですよ。もともと良い捕手だと思っていましたが、日本一になって、シリーズMVPに選ばれて。あれが理想かな…と思います」

――今季で16年目。でもまだ今年4月で34歳です。新井(貴浩)石原(慶幸)を間近に見てきてもいる。40歳まで現役を…と思うかどうかは別にして、まだまだ老け込む年齢ではない。

「その通りだと思います。34歳なんてまだまだ。出る、出ないは僕が決めることじゃないけど、(正捕手として)試合に出られる自信はまだまだあるし、そこの準備はしっかりやりたい。その気持ちが薄れたら辞める時だ…と僕は思います。でも、意欲はまだまだありますよ。試合に出たいと強く思っています」

――できることなら、2人のように40歳ぐらいまで現役生活を続けられたら…と。

「もちろん、遠い目標としてはあります。40歳まで現役生活を続けられるプロ野球選手は、ほんのひと握りですからね。ただ、遠い目標は遠い目標として持っておきつつ、近い目標も持っていないといけない。それには、やっぱり試合に出続けること。現役を続けたくても、来季の契約を結ばないと言われたら終わりなので。近い目標は必ず立てて、毎シーズン臨むようにしています」

――4番の鈴木誠也が今季はいません。チームはどう変わるのでしょうか。どう変わらなければいけないか。2016年は前田健太が抜け、翌17年は黒田博樹が現役引退して優勝しました。当時を知る主力として、この状況をどう考えますか?

「4番打者が抜けるということは、チームの軸が抜けるということですからね。全員でその穴を埋めていかないといけない。1人では埋まらないですよ。誠也はそれぐらいの成績を残している。振り返ると、チームが強い時って、やっぱり日替わりヒーローが出てくるんです。そうなるのが理想ですよね。同じ選手が毎回活躍するのもいいけど、現実的には難しいので」

――エース格の2人の投手が抜けるのと、4番打者が抜けるのとでは違いますか?

「違います。打者で日替わりヒーローが出てこないとキツいと思います。だから、俺が、俺がという気持ちを持つことが、凄く大事だと思うんです。若い選手は特に。そこで、ググッと(突き抜けて)いってもらう。僕も、必要があれば若い選手のお尻をひっぱたくし、言うことは言わせてもらうので。メリハリをつけながらね」

――そういう役割も求められています。

「求められているのは、やっぱり試合に出ることだと思うんです。ただ、長年やっていることの意味も、僕なりに理解しているつもりです。周りのことに目を配る。言いにくいことでも、時には言ってあげなくちゃいけない。それも僕の仕事の一つだと思っています。もちろん、困ったことがあれば助けますしね」

――投手陣は大瀬良、九里が残留し、若い森下、栗林がいます。セットアッパー確立の課題はあるとしても、全体では弱い投手陣とは言えないのでは?

「十分にそろっていますよ。でも、今季に関して言うと、僕は後ろのリリーフ陣よりも先発陣の方がキーになると思いますね。なぜなら、延長が12回になるので。先発投手には最低でも7回、8回まで投げてもらいたい。栗林が毎試合、2イニングなんて投げられないんだから、そうなってくると、先発投手がいかに長いイニングを投げてくれるか…が鍵になる」

――なるほど。

「2019年までの野球に戻ったというだけなんですが、昨季の9回までの戦い方は忘れないといけないと思いますね」

――投手陣の中核をなす森下、栗林は、東京五輪で金メダルを獲りました。どんなふうに映っていましたか?

「いやー、本当にいい経験をしたと思いますよ。あのプレッシャーの中で投げられたことは貴重だし、財産になると思います。昨季の終盤は(五輪の)疲れがあったと思いますけどね。できれば、それを今季に…ね。チームが優勝争いをしている中で投げると、また違う緊張感があるし、そういう経験もしていくと、ひと回り成長できると思う。経験させてあげたいという気持ちもありますしね」

――リーグ3連覇を知らない世代が増えました。経験したことをどう伝えますか?

「こればかりは、味わってみないと分からないんですよ。“ビールかけはいいぞ”“優勝旅行は楽しいぞ”と言われても、僕も優勝するまではピンと来なかった。だけど、一度でも味わうと、その良さが身に染みる。それは経験しないと分からない。ただ、どうやって勝っていったか…ということは、分かっているつもりです」

――と言いますと?

「当時は走攻守のバランスが良かったし、何より打ち勝っていきましたよね。捕手の立場で言うと、3点、4点取られても楽だったですから。それよりも重要なのは、全員が同じ方向を向いて戦っていたということ。要はチームがどれだけ団結するか…なんですよ。そこは伝えていきたいと思います。口で言うのは簡単ですが、行動でも示しながらね」

=終わり=

▽会沢の昨季の故障 5月3日に下半身のコンディション不良を訴え、同日の巨人戦を欠場。4日に出場選手登録を外れた。6月3日に戦列復帰も、直後の15日西武戦8回の守備で左足を負傷。左下腿(かたい)の「腓腹(ひふく)筋挫傷」で翌16日に再び登録抹消。同日に内定が発表された東京五輪の日本代表入りを辞退している。復帰は8月29日の阪神戦だった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

カープ・長野久義の口数が少ない『理由』こそ、「強いカープの真髄」

カープ・長野久義の口数が少ない『理由』こそ、「強いカープの真髄」

赤チョーさんの口数が減っている。広島東洋カープ・長野久義外野手が赤いユニホームに身をまとい、新天地での春季キャンプを終えた。しかし一挙一動が注目されていた割にはここ最近、本人発のコメントがナゼか少ない …

薮田×大野豊氏が対談、コイを背負って立つ「3連覇の中心にいたい」

薮田×大野豊氏が対談、コイを背負って立つ「3連覇の中心にいたい」

広島の薮田和樹投手(25)は15日、本紙評論家・大野豊氏との対談で、チームトップの投球回数を投げ抜くことで、コイの投手陣を背負って立つ覚悟を示した。 大野氏は、個性的な投球フォームを貫いて結果を残した …

今までどおり行動していけばみんなアツについていく/新井貴浩コラム

今までどおり行動していけばみんなアツについていく/新井貴浩コラム

どんなときもチームが一番 前回に引き続き、“スーパーアッちゃん”こと會澤翼選手の話です。キャッチャーとして、選手会長として、今年もチームをしっかりまとめてくれました。 私も日本プロ野球選手会会長(選手 …