カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林、打者11人に3ボール一度もなし!『人生初』下半身強化が奏功

2022年2月18日

栗林、打者11人に3ボール一度もなし!『人生初』下半身強化が奏功

広島の栗林良吏投手(25)が進化した姿を披露した。沖縄2次キャンプ第1クール最終日の17日、今春初の実戦形式となるシート打撃に初登板。打者11人に計30球を投げて3ボールが一度もなく、課題に挙げる制球力に一定の手応えをつかんだ。

ジンクス打破とさらなる飛躍を誓う2年目。新人王に輝いた守護神の視界は上々だ。

朝から小雨が舞い、縮み上がるほど寒い沖縄・コザしんきんスタジアム。寒気を蹴散らすほどの熱を入れて栗林は投げた。気迫を前面に出し、1球を投じるたびに声を発する。今春初の実戦形式となるシート打撃に登板。手応えは上々だ。

「自分の課題は制球力なので、まずはストライク先行を意識して投げた。取り組んできたことはできているのかな…と。制球力は良かったと思う」

打者11人に計30球を投げて被安打3、奪三振4。1セット目は宝刀のフォークで堂林を空振り三振に斬り、カーブやカットボールの感触も確かめた。とりわけ課題の制球は感触が良く、ボール球は8球、3ボールには一度もならなかった。

登板53試合で0勝1敗、防御率0・86の好成績を残した1年目。52回1/3で被安打23よりも与四球28の方が多かったことから、オフは制球力向上をテーマに掲げた。「人生で初めて」下半身を徹底的に強化。すぐに成果を示してみせるあたりが新人王の価値だ。

課題もある。1セット目は打者5人を完全に抑えたものの、2セット目に入ると打者6人に3安打。今季復活する延長12回制を踏まえ「イニングまたぎのつもりで投げたけど、ボールが行っていなかった」。加えて、走者を置いた際の投球を反省材料に挙げた。

「クイック(モーション)の時に打たれたし、走者がいる状況だとフォークも良くなかった。次はクイックを課題にやりたい」

グラウンドコンディションが悪い中での熱投。見守った佐々岡監督は「投手陣全体が四球減を掲げている中、しっかりできている。球の強さ、切れには本人も手応えを感じているように見えるし、昨年の今ごろと比べても仕上がりはいい」と全幅の信頼を寄せた。

「次のクール(19~23日)からは実戦が入ってくる。対打者にしっかり勝負する。結果にこだわりたい」

2年目のジンクスを打破し、さらなる飛躍へ、視界は上々。守護神に慢心はない。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

無観客に響く・一岡のうなり声…静寂での発見は記者にも選手にもあり

無観客に響く・一岡のうなり声…静寂での発見は記者にも選手にもあり

無観客試合は、音を楽しめばいいらしい。確かにベンチからの声の大きさには驚かされるし、打球音を聞くのも悪くはない。 静かな試合は、投手にも音があることを教えてくれる。 広島・一岡竜司投手(29)が投球の …

FA取得の會澤に、球団が『生涯鯉』を熱望…「40歳までやって!」

FA取得の會澤に、球団が『生涯鯉』を熱望…「40歳までやって!」

広島・鈴木清明球団本部長(65)が7日、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした会沢翼捕手(31)が、現役を広島で終えることを熱望した。 同本部長は中日戦の試合後、ナゴヤドームで取材に …

自主練習を開始、選手会長・田中は苦しい心境吐露「まだ試合は続く」

自主練習を開始、選手会長・田中は苦しい心境吐露「まだ試合は続く」

広島は22日、チーム内で複数出た新型コロナウイルス陽性者の接触状況から、森下暢仁投手と高橋昂也投手が管轄保健所から濃厚接触者と認定されたと発表した。2人とも体調に異常はなく、同日にPCR検査を受けた1 …