カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林、打者11人に3ボール一度もなし!『人生初』下半身強化が奏功

2022年2月18日

栗林、打者11人に3ボール一度もなし!『人生初』下半身強化が奏功

広島の栗林良吏投手(25)が進化した姿を披露した。沖縄2次キャンプ第1クール最終日の17日、今春初の実戦形式となるシート打撃に初登板。打者11人に計30球を投げて3ボールが一度もなく、課題に挙げる制球力に一定の手応えをつかんだ。

ジンクス打破とさらなる飛躍を誓う2年目。新人王に輝いた守護神の視界は上々だ。

朝から小雨が舞い、縮み上がるほど寒い沖縄・コザしんきんスタジアム。寒気を蹴散らすほどの熱を入れて栗林は投げた。気迫を前面に出し、1球を投じるたびに声を発する。今春初の実戦形式となるシート打撃に登板。手応えは上々だ。

「自分の課題は制球力なので、まずはストライク先行を意識して投げた。取り組んできたことはできているのかな…と。制球力は良かったと思う」

打者11人に計30球を投げて被安打3、奪三振4。1セット目は宝刀のフォークで堂林を空振り三振に斬り、カーブやカットボールの感触も確かめた。とりわけ課題の制球は感触が良く、ボール球は8球、3ボールには一度もならなかった。

登板53試合で0勝1敗、防御率0・86の好成績を残した1年目。52回1/3で被安打23よりも与四球28の方が多かったことから、オフは制球力向上をテーマに掲げた。「人生で初めて」下半身を徹底的に強化。すぐに成果を示してみせるあたりが新人王の価値だ。

課題もある。1セット目は打者5人を完全に抑えたものの、2セット目に入ると打者6人に3安打。今季復活する延長12回制を踏まえ「イニングまたぎのつもりで投げたけど、ボールが行っていなかった」。加えて、走者を置いた際の投球を反省材料に挙げた。

「クイック(モーション)の時に打たれたし、走者がいる状況だとフォークも良くなかった。次はクイックを課題にやりたい」

グラウンドコンディションが悪い中での熱投。見守った佐々岡監督は「投手陣全体が四球減を掲げている中、しっかりできている。球の強さ、切れには本人も手応えを感じているように見えるし、昨年の今ごろと比べても仕上がりはいい」と全幅の信頼を寄せた。

「次のクール(19~23日)からは実戦が入ってくる。対打者にしっかり勝負する。結果にこだわりたい」

2年目のジンクスを打破し、さらなる飛躍へ、視界は上々。守護神に慢心はない。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

正遊撃手は田中広輔か小園海斗か、森下暢仁の加入でローテ争いも熾烈

正遊撃手は田中広輔か小園海斗か、森下暢仁の加入でローテ争いも熾烈

ドラフト1位・2位で大学生の即戦力候補を獲得 昨シーズンの広島は、球団史上初となる4連覇を目指したものの優勝を逃し4位に沈んだ。その責任を取る形で緒方孝市監督が辞任し、佐々岡真司監督があらたに就任して …

鈴木誠也、背番号「1」に変更!球団「背負えるのは誠也しかいない」

鈴木誠也、背番号『1』に変更!球団「背負えるのは誠也しかいない」

広島は19日、鈴木誠也外野手が背番号「51」から「1」に、松山竜平外野手は同「44」から「55」に、曽根海成内野手は同「59」から「00」に、それぞれ変更すると発表した。前田智徳氏で馴染みの深い背番号 …

ミラクルサヨナラ勝ちのカープ!神様・上本と龍馬が大爆笑のお立ち台

ミラクルサヨナラ勝ちのカープ!神様・上本と龍馬が大爆笑のお立ち台

広島は、29日の阪神戦に逆転サヨナラ勝ちし、開幕からの連勝を「4」に伸ばした。1点差を追う9回だった。新外国人マクブルームの右前打から始まり、代走・曽根の二盗。さらに上本がファウルで8球粘るなどケラー …