カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2人そろって炎上…広島ドラ2・森&玉村、開幕ローテへアピール失敗

2022年3月3日

2人そろって炎上…広島ドラ2・森&玉村、開幕ローテへアピール失敗

オープン戦(3月2日、カープ1-9DeNA、横浜スタジアム)

広島の開幕ローテーションを狙う2人の左腕が2日のDeNA戦(横浜)でともにアピールに失敗した。ドラフト2位の森翔平投手(24=三菱重工West)が先発で4回途中4失点降板なら、6回から登板した玉村昇悟投手(20)も3イニングで5失点と炎上。

佐々岡監督は次回登板で名誉挽回を期待するものの、残る先発2枠の青写真修正を念頭に置いた。

左腕2人の表情は晴れなかった。森が「ダメでした」と力なく切り出せば、玉村も「ほんとダメですね」と自嘲する。前者が4回途中4失点降板なら、後者は3回5失点。開幕の先発枠を狙うには、厳しいと言わざるを得ない結果だった。

「真っすぐでファウルが取れず、ゾーンを狙いすぎて後手後手になってしまった。四球も出してしまい…」

森にとっては、2月22日以来の対外試合先発。当日は同じDeNA相手に3回5安打1失点と粘ったが、この日は初回から苦投を強いられた。2安打と四球で1死満塁とされ、宮崎に2点打を許すなど3失点。3回にも四球から1点を失った。

「真っすぐにボールが多く、コースにも投げ切れていない。四球の後も切り替えられなかった。技術不足…」

6回から投げた玉村も、2月16日以来の対外試合登板。同じDeNA相手に3回2失点だった当日以上に、この日は悪かった。死球と安打の無死一、二塁から細川に高め直球をバックスクリーン左へ運ばれると、7回にも四球から2失点した。

「森も玉村も、変化球の腕の振りが緩いように見える。きょう見た感じではキツい。5番手、6番手は出てきていないのが現実」

佐々岡監督の表情は渋い。先発6枠のうち大瀬良、森下、九里、床田は決定。沖縄キャンプ打ち上げの2月28日、残る2枠について指揮官は「よっぽどのことがない限りは3人で競争」と言った。だが、候補の2人がこの内容では頭が痛い。

「次回はしっかり投げてくれないと。同じことを繰り返していると(5、6番手に)入ってこられない」

名誉挽回のチャンスを与えられた2人は必死だ。森が「低めへの制球を意識し、しっかり準備したい」と言えば、玉村は「まずは自信を持って、真っすぐをコースに投げ切ること」と力を込める。

もう一人の候補・小林はきょう3日のDeNA戦に先発する。遠藤、高橋昂の名前も挙がる争い。候補の3人が残る2枠を射止めるのか、それとも指揮官の言う「よっぽどのこと」が起こるのか。着地点はまだ見えない。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ドラフト1位・栗林を開幕守護神に抜てき!「ふさわしい」監督が明言

ドラフト1位・栗林を開幕守護神に抜てき!「ふさわしい」監督が明言

オープン戦(3月19日、カープ1-2ソフトバンク、ペイペイドーム) 広島佐々岡真司監督が、ドラフト1位栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)を開幕守護神に抜てきすると明言した。 ソフトバンク戦で出番はなか …

開幕前哨戦に8点圧勝!K・ジョンソン&森下好投、高橋大2打席連発

開幕前哨戦に8点圧勝!K・ジョンソン&森下好投、高橋大2打席連発

オープン戦(3月1日、カープ8-2中日、ナゴヤドーム) 投打のかみ合った広島が開幕戦でぶつかる中日との前哨戦2戦目に8―2で快勝し、オープン戦初黒星からの連敗を阻止した。 広島はオープン戦初先発で2度 …

待望のオープン戦『1号』も、表情は厳しく…鈴木誠也「まぐれです」

待望のオープン戦『1号』も、表情は厳しく…鈴木誠也「まぐれです」

<オープン戦:広島5-11西武>◇7日◇マツダスタジアム 広島鈴木誠也外野手(25)が待望のオープン戦1号を放った。 3回1死三塁。相手は西武の先発松本だった。第1打席で1球も投げて来なかったカーブが …