カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

なぜカープの与四球数は激減したのか?データの徹底共有から意識改革

2022年3月7日

なぜカープの与四球数は激減したのか?データの徹底共有から意識改革

広島の投手陣は、今春から試合の開始前と終了後に四球や先頭打者の出塁に関するデータを全員で共有するようになった。たとえば「今日の試合で先頭打者を出塁させたのは4度あり、失点につながったのは3度ありました」というように、首脳陣が具体的な数字を用いて説明している。

四球減が今春のテーマだった。昨季リーグワーストの483与四球を数えた投手陣が2月中の対外試合5戦で計5与四球のみ。無四球も2度あった。データを提示し続けた意識改革が課題を克服する一歩になった。

ナインも効果を実感する。栗林は「一人一人がストライクゾーンで勝負するんだという気持ちで投げている」と明かし、島内も「これまで以上に徹底して数字を提示してもらえると自然と意識にすり込まれていく」とうなずく。

四球を怖がって球が甘くなるなど裏目に出ることはないのか――。島内は首を横に振る。「要するに初球からしっかりとゾーンで勝負できるように準備をしなさいということだと思う」。意識改革の手段としてデータを用いているものの、首脳陣が求めているのは結果が出るまでの過程。先頭打者のデータなどをしつこく提示するのは、佐々岡監督が一貫して主張してきた「準備の大切さ」を数字として示していると言える。

栗林は言う。「ピンチになるまではストライクゾーンで強く勝負できればいいと僕は思っている。事実として四球は減っているし、投手陣全体で意識高くできていると思う」。技術の向上だけでなく、意識の変化から結果が変わり始めている。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

古葉竹識が「名将」たる所以と、広島時代からの「チーム古葉」の凄さ

古葉竹識が「名将」たる所以と、広島時代からの「チーム古葉」の凄さ

1987年、3年連続でBクラスに低迷していた大洋の監督に就任した古葉竹識。当時、大洋で主力として活躍していた高木豊氏は、古葉氏を取り巻く”チーム古葉”のすごさが印象的だったとい …

今こそ感じる捕手・會澤翼が持っていて、坂倉将吾にはないものとは?

今こそ感じる捕手・會澤翼が持っていて、坂倉将吾にはないものとは?

カープが強さを取り戻すために必要なキャッチャーの力!! 8月後半からスタメンキャッチャーは會澤翼と坂倉将吾が併用されている状況のカープ。 坂倉将吾の若さ、打力はもちろん魅力充分。もちろん、その成長は感 …

緒方監督が、リーグ3連覇しても『名将』と呼ばれない本当の理由とは

緒方監督が、リーグ3連覇しても『名将』と呼ばれない本当の理由とは

「勝ってオールスター休みに入りたかったけどね」 引き分けを挟んで、20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた広島カープの緒方孝市監督の試合後のコメントだ。そのあとに続けたのが、「1回また体、そして気分的にも …