カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

残留か、降格か…若手サバイバル2連戦へ!佐々岡監督、入れ替え示唆

2022年3月7日

残留か、降格か…若手サバイバル2連戦へ!佐々岡監督、入れ替え示唆

出てこい、若鯉たち!広島佐々岡真司監督(54)が、若手野手の台頭を期待して、ゲキを飛ばした。チームは8日からオープン戦の阪神2連戦を甲子園で戦う。首脳陣はこのカードまで、若手主体で戦う構想を練っており、カード後に1、2軍の選手入れ替えを示唆。残留か、降格か-。若手戦士のサバイバルとなる2連戦の幕が上がる。

若手主体で打線を組んでいるオープン戦は6試合で12得点。1試合の平均得点はわずか2点にとどまる。若手がメインとはいえ、苦しい試合が続いている。チームは8日から甲子園で阪神戦を2試合予定しており、佐々岡監督は「甲子園までは、(若手を)見ながら、そこから(入れ替えを)考える」と若鯉たちに最終試験の場を与えた。

当落線上の選手たちは、サバイバルの2試合を前に奮い立った。オープン戦6試合はすべて途中出場で、6打数無安打の3年目韮沢は「キャンプから結果を出せていない。本当に勝負の毎日。なんとか結果を出したい」と意気込んだ。春季キャンプからここまで1軍に同行している育成3年目の持丸は「ずっと支配下(選手)登録を目標にしてきた。ここで負けるわけにはいかない」と生き残りに闘志を燃やす。

同じく育成2年目の二俣も直近3試合9打席で安打がなく、結果が求められる。指揮官は「技術もあるだろうけど、メンタル面で『やらなきゃいけない』とか考えると(いけない)。オープン戦と1軍の公式戦のプレッシャーは違う。そういうところ(気持ち)が課題」と、強い精神を持つ選手の台頭を望んでいる。

2軍では長野や松山ら実績組のほか、上半身コンディション不良で出遅れた坂倉も控えている。坂倉は6日の2軍教育リーグ中日戦(ナゴヤ)で右翼にソロを放つなど、調整は順調で1軍昇格が秒読み態勢だ。

阪神は西勇、伊藤将、秋山ら実績豊富な投手が登板予定。1軍レベルの投手から結果を残すのはどの選手か。残留か、降格か-。サバイバルを左右する2連戦が始まる。(前山慎治)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

前から後ろから!遠藤淳志、ビデオカメラで『フォーム』を撮影・解析

前から後ろから!遠藤淳志、ビデオカメラで『フォーム』を撮影・解析

広島・遠藤淳志投手(21)が6日、マツダスタジアムのマウンドから87球を投じ、ビデオカメラで撮影した。 「映像で振り返ることができるので良い。球の上下など微妙な高さがわかるので、今度の練習で見ようと思 …

長野、背番『5』に決定!丸の9は「野間が一人前になったらつけて」

長野、背番『5』に決定!丸の9は「野間が一人前になったらつけて」

巨人にFA移籍した丸の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)の背番号が5に決まったことが10日、分かった。 鈴木清明球団本部長がマツダスタジアムで取材に応じ「背番号『9』と『5』を提示して『 …

栗林「4球種の底上げと制球力」、2年目の「進化論」/インタビュー

栗林「4球種の底上げと制球力」、2年目の「進化論」/インタビュー

昨季を超える。広島栗林良吏投手(25)が日刊スポーツの単独インタビューに応じた。2年目の春季キャンプは持ち球の精度と制球力向上をテーマに掲げ、初日から精力的に投げ込んできた。22日の初実戦では1回完全 …