カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林、伝説の大魔神まで『あと1』!昨季から連続セーブ記録「21」

2022年3月27日

栗林、伝説の大魔神まで『あと1』!昨季から連続セーブ記録「21」

昨季セ・リーグ新人王の広島・栗林良吏投手(25)が27日のDeNA戦で今季初セーブを記録した。記録づくめだった昨季は連続試合セーブ記録が「20」まで到達し、シーズンが終了。2シーズンをまたいで、この日で「21」まで伸ばした。

この日は2点リードの9回に登板。2四球を与え、牧に適時打を浴びるなど1点差に詰め寄られたが、最後は何とか宮崎を一邪飛に打ち取り、逃げ切り勝ち。広島の開幕3連勝に貢献した。

シーズンをまたぐケースとしては、すでに栗林の「21」は最長に達している。1シーズンでの日本記録は「大魔神」の異名を持つ佐々木主浩氏(横浜)が98年に達成した22試合連続で、参考記録ながらも、ついに「あと1」まで迫った。また、岩瀬仁紀氏がマークした2番目の「20」を上回り、単独2位ともいえる記録に浮上。レジェンドとそん色ない安定感ともいえそうだ。

栗林は昨季、53試合に登板し、0勝1敗37セーブ。新人投手の年間セーブ数では15年山崎康(DeNA)の最多記録に並んでいた。特筆すべきは防御率の0・86で、さらに27試合に登板したマツダスタジアムでは、オール無失点の防御率「0・00」という“無双”ぶりだった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

堂林翔太が存在感を発揮!山本浩二氏の前で「スーパースター」の一撃

堂林翔太が存在感を発揮!山本浩二氏の前で「スーパースター」の一撃

勝利には結びつかなかったが、堂林がまた前へ進んだ。「いいきっかけになればいい」とうなずいたのが4回の7号3ラン。1点を追う1死一、二塁、岡野の初球カーブを逃さなかった。 試合前まで最近5試合で21打数 …

一岡竜司&薮田和樹がストレス発SUNマウンド!太陽の下で実戦想定

一岡竜司&薮田和樹がストレス発SUNマウンド!太陽の下で実戦想定

広島・一岡竜司投手(29)と薮田和樹投手(27)が22日、マツダスタジアムで午前に行われたB班投手の練習に参加。佐々岡真司監督(52)の発案でブルペンではなく、本拠地のマウンドに上がって投球練習を行っ …

中崎、総帥『直々』の激励に復活誓う「今まで以上の結果を残したい」

中崎、総帥『直々』の激励に復活誓う「今まで以上の結果を残したい」

広島・中崎が総帥直々の激励に改めて復活を誓った。 15日にあった大瀬良の結婚披露宴で、松田元(はじめ)オーナーから歩み寄られて約1分間の談笑。 「“大丈夫か?”と。声をかけてもらってありがたい。期待を …