カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

メヒア、まるで高校球児!打席に入る時「お願いします」と球審に会釈

2018年3月7日

メヒア、まるで高校球児!打席に入る時「お願いします」と球審に会釈

驚いたことがあった。キャンプ終盤から対外試合が始まり、広島メヒアが第1打席に入る時。ヘルメットのひさしに右手をあて、「お願いします」とばかりに球審に会釈をしたのだ。こんな丁寧な外国人選手、見たことがない。まるで日本の高校球児ではないか。

バティスタと2人はドミニカ共和国出身。キャンプは早出から居残りまで、日本人の若手と一緒に練習漬けだった。あいさつや、声だしも日本式。メヒアは「さあ、来い!」と張り上げて内野ノックを受ける。何だか、ほほえましい。

西村通訳は言う。「彼らは育成契約で入り、まず2軍からやってるので通訳がいなかった。そこで周りの日本人選手が、言葉とかあいさつを教えてるわけです」。なるほど。そこでメヒアにあえて、日本語で問いかけてみた。

「日本語、話せるのちょっとだけですね。キャンプ、いっぱいいっぱい練習したよ。大変だった」。好きな日本語は「焼き肉」と「頑張る」だそうだ。礼儀作法を教えてくれた同僚に感謝しているという。そんな会話をしていると、坂倉が「メヒ、お前日本人だろ!?」と言ってきた。照れくさそうなメヒアの顔を見て、素直に頑張ってもらいたいと思った。【広島担当=大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

菊池涼介、勝つための手段としての芸術的な守備/守備職人のプライド

菊池涼介、勝つための手段としての芸術的な守備/守備職人のプライド

菊池涼介の芸術的な守備は今年も健在だ。変幻自在の動きで、何度も投手陣を救っている。3月29日の巨人との開幕戦(マツダ広島)で失策を記録し、4月10日のヤクルト戦(同)では2失策。 「究極の目標は失策ゼ …

人生『初』の「無観客」で発見したこと/広島カープ実況アナウンサー

人生『初』の「無観客」で発見したこと/広島カープ実況アナウンサー

試合直前にキャリア28年の音声マンがつぶやいた。「今、球場の外に子供さんがいませんか?」。聞けば、無観客のオープン戦、いつもの歓声がないスタジアムでは、集音マイクが球場外で遊ぶ子供の声を拾っていたのだ …

バティスタ「ドーピング騒動」が日本球界に投げかけた「大きな問題」

バティスタ「ドーピング騒動」が日本球界に投げかけた「大きな問題」

セ・リーグのペナントレースは、巨人、DeNA、広島の三つ巴の戦いが長く続かず、巨人が5年ぶりの優勝を果たした。3連覇中で優勝候補だった広島は、田中広輔や松山竜平といった主力が不調に苦しみ、本来の強さを …