カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

メヒア、まるで高校球児!打席に入る時「お願いします」と球審に会釈

2018年3月7日

メヒア、まるで高校球児!打席に入る時「お願いします」と球審に会釈

驚いたことがあった。キャンプ終盤から対外試合が始まり、広島メヒアが第1打席に入る時。ヘルメットのひさしに右手をあて、「お願いします」とばかりに球審に会釈をしたのだ。こんな丁寧な外国人選手、見たことがない。まるで日本の高校球児ではないか。

バティスタと2人はドミニカ共和国出身。キャンプは早出から居残りまで、日本人の若手と一緒に練習漬けだった。あいさつや、声だしも日本式。メヒアは「さあ、来い!」と張り上げて内野ノックを受ける。何だか、ほほえましい。

西村通訳は言う。「彼らは育成契約で入り、まず2軍からやってるので通訳がいなかった。そこで周りの日本人選手が、言葉とかあいさつを教えてるわけです」。なるほど。そこでメヒアにあえて、日本語で問いかけてみた。

「日本語、話せるのちょっとだけですね。キャンプ、いっぱいいっぱい練習したよ。大変だった」。好きな日本語は「焼き肉」と「頑張る」だそうだ。礼儀作法を教えてくれた同僚に感謝しているという。そんな会話をしていると、坂倉が「メヒ、お前日本人だろ!?」と言ってきた。照れくさそうなメヒアの顔を見て、素直に頑張ってもらいたいと思った。【広島担当=大池和幸】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。 黄金時代の最後に台頭した緒方 山本浩二 …

上本崇司、今季は打力でもアピール!/わがチームのムードメーカー

上本崇司、今季は打力でもアピール!/わがチームのムードメーカー

広島の笑顔の中心には上本崇司がいる。2月の春季キャンプでも早出特守やベースランニングで声と体を張って盛り上げる姿が目立った。ときには得意のものまねを披露するなど、メリハリをつけ絶妙なタイミングで“一芸 …

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

開幕からここまで打率が.197、得点圏でも.000と、まだまだ昨年までの打棒が目覚めていない感のある広島・長野久義。最近では主に代打での出場が多くなってきているものの、開幕からここまでの戦いぶりの中で …