カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川が侍帰りも2軍落ち危機感、三塁奪取へ競争激化「自分は瀬戸際」

2018年3月7日

西川が侍帰りも2軍落ち危機感、三塁奪取へ競争激化「自分は瀬戸際」

侍ジャパンに招集されていた広島・西川龍馬内野手(23)が6日、チームに合流し、マツダスタジアムでの全体練習に参加した。三塁の定位置を争うメヒアや美間が猛アピールを続け、競争は激化。自らの立場も安泰ではないと強調し、開幕1軍へ向けて悲壮な覚悟を語った。

チーム合流初日、西川は危機感たっぷりに汗を流した。侍ジャパンへ招集されている間に三塁を争うライバルたちが猛アピール。1軍生き残りをかけて、「結果を出さないといけない。自分は瀬戸際の選手だと思う。メヒアも美間も結果が出ている。安泰の立場だとは思っていない」と、悲壮な覚悟を示した。

シーズン開幕が近づくにつれ、三塁争いが激しさを増してきた。

当初は昨季のリーグ連覇に貢献した安部と西川の一騎打ちと見られていたが、昨秋からメヒアと美間が急成長。侍戦士でさえカープでは競争の中に身を置く状況で「今のままでは残れない。今(2軍に)落ちるなら自分だと思う」とまで西川は言った。

ここ最近は攻守に精彩を欠き、「野球は難しい」と珍しく苦悩の表情を見せる。侍ジャパンのオーストラリア戦でも計6打数無安打と沈黙。「結果はカスでした」と吐き捨てるように言った。それでも「いろんなコミュニケーションを取れましたし、打撃を見て学ぶことは多かった」と、収穫は持ち帰った。

中でも同じ左打者の西武・秋山の打撃は「どんなピッチャーに対しても自分の間で振っていた」と参考になったという。最後は「グチャグチャ考えない方がいい」と西川らしく前を向いた。昨季はオープン戦のケガで離脱。今年は試練を乗り越え、開幕1軍ランプをともす。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

秋季Cで強制送還あり、来春1軍Cを懸けサバイバル「厳しさは当然」

秋季Cで強制送還あり、来春1軍Cを懸けサバイバル「厳しさは当然」

広島・佐々岡真司監督(52)が21日、11月の秋季キャンプに言及し、強制送還も辞さない姿勢で臨む方針を掲げた。宮崎・日南で実施するキャンプでは、既に来春の1軍キャンプを懸けたサバイバルを予告。さらに一 …

新井、松山に4番奪取指令「“(鈴木)誠也には絶対に負けない”と」

新井、松山に4番奪取指令「“(鈴木)誠也には絶対に負けない”と」

広島の4番を張った新井貴浩内野手(40)と松山竜平外野手(32)が25日、広島グリーンアリーナで開かれたイベントに参加。 お互いの“ココがすごい”を問う声に、「松ちゃんはバットコントロールが天才的」( …

3年目コンビ・床田&坂倉が開幕1軍へ、猛アピール!緒方監督評価◎

3年目コンビ・床田&坂倉が開幕1軍へ、猛アピール!緒方監督評価◎

広島の3年目コンビが宮崎・日南キャンプ第2クール最終日の7日、開幕1軍に向けて猛アピールした。 床田寛樹投手(23)はシート打撃で主力級の打者6人と対戦し、チームトップ、最速146キロの直球を主体に6 …