カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

九里、昨季ばりに連敗ストッパー期待「勝ちにつながる投球できれば」

2022年4月5日

九里、昨季ばりに連敗ストッパー期待「勝ちにつながる投球できれば」

広島九里亜蓮投手(30)が5日の巨人1回戦(マツダスタジアム)に先発する。開幕6連勝で滑り出したチームは3連敗を喫し、帰ってきた。本拠地で調整した右腕には、昨季のような連敗ストッパーの期待がかかる。昨季4勝2敗と勝ち越している巨人相手にチームの連敗を止め、自身今季初勝利もつかみたい。

前回は3連勝、そして今回は3連敗で先発が巡ってきた。巨人戦先発を翌日に控えた九里は快晴の下、緑の芝生上で最終確認を行った。前回登板から真っすぐの精度を意識しながら備えてきた。逆風の中でこそ、力を発揮するタイプ。チームに勝利を引き寄せる投球を胸に誓う。

「とりあえずチームが勝てるように。勝ちにつながる投球ができればと、常にマウンドに上がっている。それをしっかり表現できるように。そこだけです」

今季初登板の前回3月29日阪神戦は、6回2/3を2失点で逆転勝利に貢献。その後の開幕6連勝につなげた。自身今季初白星がかかる2度目の登板は、チーム連敗中も「特に変わらない」と平常心を保つ。昨季は6連敗など4度チームの連敗を止めた“ストッパー”に、悪い流れを断ちきる投球が期待される。

広島とは対照的に、巨人は6連勝と勢いづく。昨季はチーム最多となる4勝(2敗)をマークした相性も「昨年は昨年で終わっている話」と警戒心を高める。2人の新外国人野手を加えた新打線は、いずれもリーグトップの打率2割6分8厘、14本塁打、50得点と厚みを増している。

「臆することなく、しっかり勝負していきながら1つ1つのアウトを積み重ねていけるように。1アウトでも、1イニングでも長くという気持ちは変えずに投げていければ。ゾーンの中で勝負していかないと」。強力打線にも、攻めの投球を貫く。

連敗中とはいえ、ここまでリーグ2位のチーム防御率2・99の広島投手陣が安定した戦いを支えている。相手が得意な打撃戦ではなく、投手戦に持ち込みたいところ。広島野球で首位巨人の勢いを止めることができれば、再浮上のきっかけをつかみとるに違いない。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

長野、背番『5』に決定!丸の9は「野間が一人前になったらつけて」

長野、背番『5』に決定!丸の9は「野間が一人前になったらつけて」

巨人にFA移籍した丸の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)の背番号が5に決まったことが10日、分かった。 鈴木清明球団本部長がマツダスタジアムで取材に応じ「背番号『9』と『5』を提示して『 …

大瀬良、国内FA権取得!「たくさんの人に支えられたおかげで取得」

大瀬良、国内FA権取得!「たくさんの人に支えられたおかげで取得」

広島・大瀬良大地投手(29)が14日、出場選手登録が7年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 同投手は2013年ドラフト1位で入団。ルーキーイヤーの14年に10勝を挙げて …

小園海斗3割逃す「いいスイングもできたし、いいところまで粘れた」

小園海斗3割逃す「いいスイングもできたし、いいところまで粘れた」

広島小園海斗内野手(21)が、球団の高卒3年目では92年前田智徳以来の打率3割到達を惜しくも逃した。 「2番遊撃」でスタメン出場。初回に中前打を放ち、2回は左犠飛、5回に右前打、6回に右中間への二塁打 …