カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

九里vs高橋昂!先発ローテ最後の1枠へ、サバイバル『3番勝負』

2018年3月9日

九里vs高橋昂!先発ローテ最後の1枠へ、サバイバル『3番勝負』

正真正銘のサバイバルだ。広島・畝龍実投手コーチ(53)が8日、開幕の先発ローテーション残り1枠の選定に「3番勝負」を課す考えを明かした。候補は、実績のある九里と2年目の左腕・高橋昂で、それぞれ3試合の登板を予定。さらに藤井皓とアドゥワにはロングリリーフをテストし、その結果も踏まえながら先発6人を固める方針だ。

開幕が3週間後に迫り、各パートでサバイバル競争が激化してきた。このうち開幕の先発6枠は、ここまでの起用法を踏まえると、野村、薮田、ジョンソン、大瀬良、岡田の5人が事実上決定。残る1枠を巡って九里と高橋昂が争う構図だ。

「(今後の)登板機会は3回。投げさせてみて判断したい」

畝投手コーチは、6番手の選定条件についてそう明言した。オープン戦や、ウエスタンリーグ、教育リーグ、社会人との練習試合を対象に、それぞれ3試合の登板を予定。現状は九里が一歩先行するが、その結果と内容で最終判断する方針だ。

「ウチの戦いの中では、ロングリリーフも大事。若手には、今からが勝負になる」

先発最終6枠目の選定は、ロング救援とも絡み合う。畝コーチが言うように、昨季41回を数えた逆転勝ちに、中継ぎ陣の功績は大きい。その一翼を担った九里が先発に回る場合に備えて、藤井皓とアドゥワに複数イニング登板をテスト。彼らの成否は、九里の起用法にも影響しそうだ。

「去年のこの時期は“先発で”と言われていたけど、今年はまだ言われていないのでモヤモヤ感がある。何とか開幕ローテーションに食い込みたい」

九里はそう力を込める。前回3日、2軍教育リーグの中日戦(由宇)は4回を2安打零封。「ボールにより力が伝わるように」歩幅を1歩~1歩半狭めたフォーム改造は「まだ完成し切れていない」と言うが、実績があるだけに歩みは順調だ。

対照的に、高橋昂は翌4日の同戦で4回を6安打3失点。1軍春季キャンプ初参加で完走した疲労が出たのか、「腕の振りが悪かったし、直球の走りも良くなかった」としてフォーム修正に余念がない。その結果も踏まえ、左腕は強調した。

「1試合1試合を大事に、かと言って小さくならないように、しっかりぶつかっていきたい。ここまで来たら何としても(1軍切符を)つかみ取りたい」

運命の3番勝負。先発ラストキップをつかみ取るのは、実績のある26歳か、あるいは将来性豊かな19歳か―。(江尾 卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

誠也世代の高橋大、一発で1軍昇格「沖縄に行くにはラストチャンス」

誠也世代の高橋大、一発で1軍昇格「沖縄に行くにはラストチャンス」

「広島紅白戦、紅組5-3白組」(12日、天福球場) - 鈴木誠也世代の入団6年目・高橋大樹外野手が本塁打を放ち、13日からの1軍昇格を勝ち取った。 この日、行われた紅白戦に2軍から参加。「7番・右翼」 …

田中が秋季キャンプ打ち上げ、17日からリハビリ「ゆっくり休みたい」

田中が秋季キャンプ打ち上げ、17日からリハビリ「ゆっくり休みたい」

「広島・秋季キャンプ」(15日、日南)田中が秋季キャンプを打ち上げ帰広した。午前中は遊撃の守備練習などで軽快な動きを見せ「しっかり練習が出来ました」と納得顔だった。 今季は球団史上初の2年連続遊撃での …

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

広島・坂倉将吾捕手が(19)が自分磨きに励んでいる。ウエスタン・リーグ2位の打率・298をマークし、1軍でもプロ初安打を放った順調な1年目。一方では心ひそかにジレンマも抱え、鈴木誠也外野手(23)から …