カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林良吏を変えた1敗「みなさんの落ち込んだ姿をもう見たくない…」

2022年4月8日

栗林良吏を変えた1敗「みなさんの落ち込んだ姿をもう見たくない…」

広島・栗林良吏投手(25)の表情は、心の中を映す鏡になっている。自信があるのか少し不安なのか、集中できているのか焦っているのか。大体のことは顔に書いてある。

開幕直後は、昨季のような鬼気迫る表情ではないように見えた。自分自身を信じ切れていなかったのかもしれない。「オープン戦から自分の結果ばかり気にしていた。リリーフのみなさんは結果を出しているのに、自分だけ結果が残っていなくて…」。今季登板3試合目だった2日の中日戦では、1点優勢の延長12回に登板するも1死しか奪えずにサヨナラ負け。不安が現実となった。

そして、黒星後の初登板となった5日の巨人戦。突然、顔つきが変わった。2点優勢の展開に関係なく、極限まで集中力を高めていることが鋭い目つきから伝わってくる。先頭打者を失策で出塁させながら後続を3人で片付けた。「今年で一番集中した。気持ちの入ったマウンドになった」。表情が変わると結果も伴った。

気持ちで投げるタイプの投手である。本人いわく「ブルペンでは全力で投げても140キロぐらいしか出ない。それが打者が立つとスイッチが入る」。今季初黒星からの帰広後、妻・沙耶さんの落ち込んだ姿や同僚からの温かい言葉に奮い立ち、「自分と勝負するのではなくて相手と勝負しようと思った」と完全にスイッチが入った。

仕切り直しとなった5日の巨人戦後には、「みなさんの落ち込んだ姿をもうマウンドから見たくない。自分はチームの思いも背負って投げたい」と力を込めた。これまでの迷いが消え、どこか吹っ切れた表情に映った。本調子を取り戻したのかは今後の投球次第。それでも、開幕直後に比べて心の中はポジティブに変わった。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

西川がコンディション不良から実戦復帰、水本2軍監督が1軍推薦明言

西川がコンディション不良から実戦復帰、水本2軍監督が1軍推薦明言

<ウエスタン・リーグ:広島0-5中日>◇8日◇由宇 広島西川龍馬内野手がコンディション不良から実戦復帰して3戦連続で先発した。 ウエスタン・リーグ中日戦(由宇)に「1番中堅」で出場し、中飛と右飛。悪天 …

バティスタ、故意のドーピングを否定「どうか私を信じてください!」

バティスタ、故意のドーピングを否定「どうか私を信じてください!」

アンチ・ドーピング規定違反の制裁を受けた広島のサビエル・バティスタ外野手(27)は3日、球団広報を通してコメントを発表した。 以下は全文。 「今回、このような事態を招いてしまいました。NPB、広島東洋 …

胃がん発見から2年、復活を目指す赤松の現在地「まだ本物じゃない」

胃がん発見から2年、復活を目指す赤松の現在地「まだ本物じゃない」

手術前に比べ体重、筋力はほとんど変わらない数値も「1軍のレベルには達していない」 胃がん発見から2年が経過し、1軍復帰を目指す男がいる。広島の赤松真人外野手。2軍では若手に交じり汗を流し、限られた出場 …