カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

栗林良吏を変えた1敗「みなさんの落ち込んだ姿をもう見たくない…」

2022年4月8日

栗林良吏を変えた1敗「みなさんの落ち込んだ姿をもう見たくない…」

広島・栗林良吏投手(25)の表情は、心の中を映す鏡になっている。自信があるのか少し不安なのか、集中できているのか焦っているのか。大体のことは顔に書いてある。

開幕直後は、昨季のような鬼気迫る表情ではないように見えた。自分自身を信じ切れていなかったのかもしれない。「オープン戦から自分の結果ばかり気にしていた。リリーフのみなさんは結果を出しているのに、自分だけ結果が残っていなくて…」。今季登板3試合目だった2日の中日戦では、1点優勢の延長12回に登板するも1死しか奪えずにサヨナラ負け。不安が現実となった。

そして、黒星後の初登板となった5日の巨人戦。突然、顔つきが変わった。2点優勢の展開に関係なく、極限まで集中力を高めていることが鋭い目つきから伝わってくる。先頭打者を失策で出塁させながら後続を3人で片付けた。「今年で一番集中した。気持ちの入ったマウンドになった」。表情が変わると結果も伴った。

気持ちで投げるタイプの投手である。本人いわく「ブルペンでは全力で投げても140キロぐらいしか出ない。それが打者が立つとスイッチが入る」。今季初黒星からの帰広後、妻・沙耶さんの落ち込んだ姿や同僚からの温かい言葉に奮い立ち、「自分と勝負するのではなくて相手と勝負しようと思った」と完全にスイッチが入った。

仕切り直しとなった5日の巨人戦後には、「みなさんの落ち込んだ姿をもうマウンドから見たくない。自分はチームの思いも背負って投げたい」と力を込めた。これまでの迷いが消え、どこか吹っ切れた表情に映った。本調子を取り戻したのかは今後の投球次第。それでも、開幕直後に比べて心の中はポジティブに変わった。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

新人王・森下、2年目のジンクスは独自思考で打破/新春インタビュー

新人王・森下、2年目のジンクスは独自思考で打破/新春インタビュー

新人王を獲得した広島森下暢仁投手(23)が、新春インタビューに応じた。 1年目は2完投を含む10勝3敗、リーグ2位の防御率1・91。華々しいシーズンを振り返った上で、新人で活躍した選手の多くが2年目に …

降板後に一塁ベンチで『悔し涙』…遠藤が三回途中3被弾5失点でKO

降板後に一塁ベンチで『悔し涙』…遠藤が三回途中3被弾5失点でKO

広島・遠藤淳志投手(23)が敗れればリーグ優勝の可能性が消滅する一戦に先発したが58球を投げ2回⅔を6安打5失点でKOされた。 降板直後には一塁ベンチで悔し涙を流した。 一回1死一塁で、元広島の主砲の …

レグナルトがヤフートップ掲載に驚き、一蘭の次は『丸高』に挑戦!?

レグナルトがヤフートップ掲載に驚き、一蘭の次は『丸高』に挑戦!?

広島のカイル・レグナルト投手(30)がヤフートップの“破壊力”に驚きの表情を見せた。 13日午後3時26分にスポーツ報知がニュースサイトで配信した「【広島】週7勤の男レグナルト、宝塚のラーメン食べたく …