カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

死闘4時間53分ドロー、切り込み隊長・龍馬が大暴れ3安打2打点!

2022年4月8日

死闘4時間53分ドロー、切り込み隊長・龍馬が大暴れ3安打2打点!

公式戦(4月8日、カープ3-3阪神、甲子園球場)

広島の西川龍馬外野手(27)が8日の阪神戦(甲子園)で奮闘した。全6打席で5度出塁し、今季2度目の3安打猛打賞をマーク、2打点を挙げる活躍だった。延長12回、4時間53分に及ぶ死闘は3―3で今季初の引き分け。

大瀬良大地投手(30)が3点リードを守り切れず6回で降板したものの、救援した6投手が失点を許さなかった。

西川が、藤浪を攻略した。初回先頭、四球を選び出塁すると、坂倉の右前打で先制の生還。1メートル97の相手先発を足元からグラグラ揺るがすと、2回には2死三塁で右前打。2ボール1ストライクからの140キロ内角カットボールを巧みなバットさばきでとらえた。

「何とかバットに当てられて良いところに落ちてくれました(大瀬良)。大地さんの援護ができたので良かったです」

二盗には失敗したものの塁上からも藤浪にプレッシャーをかけた。4回には2死二塁でカウント2―1から今度は153キロ真っすぐを痛烈なライナーで右中間へ。リードをさらに広げる三塁打で藤浪をKOした。

3―3の9回にも1死からセーフティーバントを決めて、3月30日の阪神戦以来、8試合ぶり今季2度目の猛打賞となる4打数3安打2打点。2四球で計5度も出塁した。打率は・280から一気に・315まで上昇。主砲の4番マクブルームがベンチから外れる不利的状況を忘れさせる大活躍だった。

初回の、第1打席での出塁にこだわっている。「1番打者はああいう四球も大事だと思っている。良い流れを持ってきたいと思っているので」。昨年まで同僚だった鈴木誠也のメジャーデビュー戦も刺激になった。「らしいヒットもやし、きっちり四球もとるし。あいつらしいですね」

勝てば巨人と同率の首位だったが、4時間53分の末に今季初の引き分け。逃げ切れなかったと悔やむのか、それとも負けなかったと前を向くのか…。佐々岡監督の答えは後者だ。「中継ぎ陣が踏ん張ってくれたおかげで、価値ある引き分けができた」。攻撃の起点ができた手応えによる笑顔だった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

栗林が今季25セーブ目で、永川の持つ新人の『球団最多記録』に並ぶ

栗林が今季25セーブ目で、永川の持つ新人の『球団最多記録』に並ぶ

公式戦(9月25日、カープ3-2DeNA、横浜スタジアム) 1点リードの9回。表情ひとつ変えず、広島・栗林は敵地のマウンドへ向かった。先頭の代打・楠本は右飛に仕留めたものの、代打・ソトを歩かせ、桑原に …

6回2失点で2敗目の中村祐「勝負球が甘く入って決め切れなかった」

6回2失点で2敗目の中村祐「勝負球が甘く入って決め切れなかった」

公式戦(9月27日、カープ1-3DeNA、マツダスタジアム) 広島の中村祐太投手(25)が6回6安打2失点で2敗目となった。 初回、先頭の梶谷に甘く入ったフォークを捉えられ、右中間席へ先制アーチを被弾 …

投打かみ合い、3連敗でストップ!2位・DeNAと2.5ゲーム差へ

投打かみ合い、3連敗でストップ!2位・DeNAと2.5ゲーム差へ

公式戦(8月31日、カープ4-2DeNA、マツダスタジアム) 広島は3回に3点を先制するなど前半で4点をリード。後半、DeNAに追い上げを許すものの、何とかしのいで勝利をものにした。連敗は3で止まり、 …