カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

赤い二刀流!森下暢仁が1失点完投、打ってはスクイズ&3点適時打!

2022年4月9日

赤い二刀流!森下暢仁が1失点完投、打ってはスクイズ&3点適時打!

公式戦(4月9日、カープ9-1阪神、甲子園球場)

赤い二刀流だ!広島先発森下暢仁投手(24)が阪神戦で1失点完投の好投を見せ、今季2勝目を挙げた。打ってはスクイズ&3点適時三塁打の4打点。「昨日(8日)、苦しい試合をしていたので、最後まで投げきろうと思ってマウンドに上がった」。前夜は4時間53分の死闘の末に、ドローに終わった。投打の大活躍で、救援陣に休息を与えた。

まずは2回の打席だ。1死一、三塁で一、二塁間に転がし、セーフティースクイズを決めた。3点リードの3回には2死満塁で秋山の外角球をとらえた。右中間を真っ二つに割り、迷うことなく二塁を蹴った。さらに3点を追加するプロ初の三塁打で、右の拳を掲げた。「初めての三塁打でめちゃくちゃうれしかったです」。ナイン総立ちの快音を喜んだ。今季7打点で、リーグ9位に躍り出た。

明大時代には投手の出番がない試合では右翼手など外野も務めた経験がある。4年時には19年秋の東京6大学で25打数9安打で打率3割6分を誇った。広島でも、投手陣による打撃練習で柵越えを目指し、バットを強振。「打撃は好きです」と積極的に練習に取り組んできた成果が出た。

好調な打線に、「恐怖の9番打者」が加わり、3戦連続の2ケタ安打で大勝した。佐々岡監督は「1人で投げてくれたのが大きかった。ある程度は森下に任せると決めていた。自分を助けるという意味でも(3回は)大きな3点になった」と右腕の奮闘をたたえた。首位巨人とのゲーム差は0・5で変わらないが、打線がつながる広島の勢いは止まらない。(前山慎治)

▼広島の森下が4打点。投手の1試合4打点以上は、DeNA石田健大が19年7月27日の中日戦で4打点を挙げて以来。広島の投手では、津田恒美が84年5月13日ヤクルト戦で満塁本塁打を放ち4打点して以来、38年ぶり。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

653日ぶり『単独首位』!クロンが初本塁打、大道も無失点デビュー

クロンが初本塁打、大道も無失点デビュー!653日ぶり『単独首位』

公式戦(3月31日、カープ4-2阪神、マツダスタジアム) 広島が3月31日の阪神戦に4―2で勝ち、引き分けを挟んで今季初の3連勝。同日、巨人が中日に敗れたため、2019年6月17日以来、653日ぶりの …

中村祐、7K1失点で2勝目!47日ぶり復帰の西川がいきなり3安打

中村祐、6回1失点で2勝目!47日ぶり復帰の西川がいきなり3安打

公式戦(10月11日、カープ7-4ヤクルト、マツダスタジアム) 広島がヤクルトの反撃をしのいで7―4で勝利を収め、2連勝。借金を1桁の9に減らした。最下位のヤクルトは2連敗を喫し、3カード連続の負け越 …

直接対決に敗れ首位陥落…九里が5回3失点、先発が2戦連続QS失敗

直接対決に敗れ首位陥落…九里が5回3失点、先発が2戦連続QS失敗

公式戦(4月19日、カープ1-3巨人、東京ドーム) 広島が、ゲーム差なしの2位・巨人と迎えた首位攻防3連戦の初戦を落として首位から陥落した。 先発・九里亜蓮投手が初回3四球など、立ち上がりから制球に苦 …