カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也、『乱闘寸前』事態に駆け寄る!死球に一触即発…本拠地騒然

2022年4月10日

鈴木誠也、『乱闘寸前』事態に駆け寄る!死球に一触即発…本拠地騒然

8回に死球きっかけで両軍がエキサイト

9日(日本時間10日)に行われたカブス-ブルワーズの開幕第2戦で、乱闘寸前の一触即発シーンが勃発した。守備についていた鈴木誠也外野手も、右翼から駆け寄る事態に。物騒な空気に、本拠地が騒然とした。

カブス9点リードの8回、2番手のトンプソンから死球を喰らったブルワーズのマカッチェンが激昂。両軍入り乱れての押し合いになり、鈴木も揉める輪に近づいた。カブスはこの日、3死球を受けていた。

鈴木はこの日、初回1死一、三塁の第1打席できっちり右犠飛。メジャー初打点を記録し、満面の笑みを見せた。3回1死一、三塁の第2打席では、バットを折りながらもしぶとく中前に落とし、初の適時打をマーク。

4回2死満塁の第3打席では冷静に押し出し四球を選んで3打席連続打点を挙げた。6回1死一、二塁の第4打席は見逃し三振に倒れていた。

【実際の動画】鈴木誠也も外野から駆け寄る 死球で一触即発…乱闘寸前で球場が騒然となったシーン

(※引用元 Full-Count

関連記事

現役ドラフトの問題点を高木豊が指摘…選手たちの心情、ルールに疑問

現役ドラフトの問題点を高木豊が指摘…選手たちの心情、ルールに疑問

出場機会に恵まれない選手の移籍の活性化を図る「現役ドラフト」が、12月9日に開催される。球界初となる試みに対してはさまざまな声が挙がっているが、果たして選手たちに光をもたらす結果になるのか。かつて大洋 …

2024年シーズンから2軍は『14球団』へ/プロ野球オーナー会議

2024年シーズンから2軍は『14球団』へ/プロ野球オーナー会議

プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は24日、東京都内でオーナー会議を開き、2024年シーズンから新たなに2球団の新規参入を認めて2軍公式戦を開催する方針を固めた。 2軍の構造改革について話し合う …

巨人移籍の決め手「小さいときからの憧れ」と発言、カープファン激怒

巨人移籍の決め手「小さいときからの憧れ」と発言、カープファン激怒

11日、広島東洋カープをFA宣言していた丸佳浩外野手が東京都内で入団会見。その中での発言が、広島ファンの怒りを買った。 原辰徳監督とともに会見場に現れた丸選手は、「チームの勝利にたくさん貢献できるプレ …