カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

金本氏、心強い『栗林』の存在!本来の状態でなくても精神力と技術で

2022年4月11日

金本氏、心強い『栗林』の存在!本来の状態でなくても精神力と技術で

【金本知憲 視点】広島は、まだ発展途上の段階にあるチームだ。16年からの3連覇を経て、今はまだまだ選手を育てている、選手が入れ替わっている時期。その証拠に、野手では小園、坂倉らが代表するように経験のある選手が少ない。

阪神と戦力を比較した場合、実績を残している選手、経験がある選手が多い阪神の方が、戦力は上だと感じる。

戦力的には、まだ計算した戦い方は難しいとは思う。その中でもチームは再び首位に浮上。今の時期は順位などを気にする時期ではない。しかし若い選手が多く、安定した技術を兼ね備えた選手、そして経験者も少ない中での、現状の成績というのは評価できる。

ストッパーの栗林は確かに去年の疲れがあるようには見える。本来の状態ではない。それでも4セーブ目。1点差の9回無死二塁、相手打線は中軸という状況を無失点で抑える精神力や技術がある。決して調子が上がっていない中でも、抑えるということが心強い。

何より最後に栗林がいるという安心感や信頼感がある。先発が長いイニングを投げて、いかに栗林につなぐか。そういう戦いを続けていってほしい。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

石井コーチ退団へ、最も印象に残ったシーンは苦労人のプロ初安打

石井コーチ退団へ、最も印象に残ったシーンは苦労人のプロ初安打

広島・石井琢朗打撃コーチ(47)が、10月5日にマツダスタジアムで会見に臨み、今季限りで退団することを発表した。退団の理由は、東京で離れて暮らす家族の存在だった。 「一番の理由は家族です。『戻ってきて …

エースと4番は移籍…そんなカープを人気球団に変えた『逆転の発想』

エースと4番は移籍…そんなカープを人気球団に変えた『逆転の発想』

球団の資金力=チームの戦力だった時代 日本のプロ野球は1993年に導入されたドラフトの逆指名制度とFA制度によって、チームの戦力が球団の資金力に大きく左右されるようになった。 カネで有力選手に逃げられ …

中村奨成「クビを覚悟しないと」、高卒3年目の来季へ…悲壮な決意!

中村奨成「クビを覚悟しないと」、高卒3年目の来季へ…悲壮な決意!

広島・中村奨が21日、高卒3年目の来季へ悲壮な決意を明かした。「そろそろクビを覚悟しないといけない年齢になった。ドラ1で入って何もしていないわけですから」。17年夏の甲子園で1大会最多の6本塁打を放ち …