カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良大地が復調の兆し「手応えはある」、投手陣好調も満足感なし!

2022年4月15日

大瀬良大地が復調の兆し「手応えはある」、投手陣好調も満足感なし!

広島大瀬良大地投手(30)が14日、マツダスタジアムで調整を行った。

4年連続開幕投手を務め、ここまで1勝1敗、防御率3・48の滑り出し。次回は16日中日戦での先発が見込まれ、本拠地では今季初登板となる。好スタートを切ったチームの勢いを加速させる投球が期待される。

今季初の本拠地登板に向け、大瀬良はブルペン投球などで汗を流した。チームの好発進を喜びつつ、表情に満足感はない。「僕が一番、調子自体は良くはないと思う。最低限、ゲームはつくれているけど、求められているところはそこじゃない」。ここまで登板3試合全てでクオリティースタート(6回以上、自責3以下)達成も、大黒柱としての役割を果たせているとは思っていない。

1日中日戦は8回にリードを守り切れず、チームに今季初黒星を付けた。8日阪神戦も3点のリードを追い付かれた。次回登板が見込まれる16日は、逆転負けを喫した中日。「よりいい形で投げられるように準備はしてきました。あとはしっかりそれを結果として出せるようにやっていきたい」。リベンジを誓う。

得意球とするカットボールとスライダーの精度が上がらず、小手先で操作しようとすることでフォームのバランスを崩す悪循環も見られた。

この日のブルペン投球では、プレート位置を真ん中あたりから三塁側に変えて投球。ホームベースへの角度を付けることで、曲がり球の軌道イメージが付けやすくなった。「今日はすごく気持ちよく投げられたかな。その感じで投げられれば戻ってくるという手応えはある」。復調の兆しは見えている。

リーグトップのチーム防御率2・32を記録する投手陣が好発進を支えている。「みんな頑張っていますし、そういう流れは野手の攻撃にもうまく循環しているのかなと思う。やっとホームで投げられるので、何とかいい投球をして、いい流れをつくっていけたら」。入場制限が撤廃された本拠地マウンドへ。真っ赤な球場でエースの完全復調となれば、広島の勢いは加速するはずだ。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

ドーピング違反でカープ退団のバティスタにメキシコ球団からオファー

ドーピング違反でカープ退団のバティスタにメキシコ球団からオファー

メキシカンリーグは4月7日に開幕予定、オファーの球団名は明かされず メキシコの野球サイト「プロベイスボル」が3日(日本時間4日)、ドーピング違反で出場停止処分を受け、2日に広島から契約を解除されたサビ …

小園、同学年の羽月と切磋琢磨…野球観を変えてくれたあの先輩に感謝

小園、同学年の羽月と切磋琢磨…野球観を変えてくれたあの先輩に感謝

広島・小園海斗内野手(19)が4日、気迫のバッティングを披露した。宮崎・日南キャンプ3日目のフリー打撃で、56スイングのうち安打性の当たりは25本と“打率4割4分6厘”。バットを体に巻きつけるように内 …

栗林、打者11人に3ボール一度もなし!『人生初』下半身強化が奏功

栗林、打者11人に3ボール一度もなし!『人生初』下半身強化が奏功

広島の栗林良吏投手(25)が進化した姿を披露した。沖縄2次キャンプ第1クール最終日の17日、今春初の実戦形式となるシート打撃に初登板。打者11人に計30球を投げて3ボールが一度もなく、課題に挙げる制球 …