カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下暢仁、自己最短2回KO…先発9人全員安打食らいワースト8失点

2022年4月17日

森下暢仁、自己最短2回KO…先発9人全員安打食らいワースト8失点

公式戦(4月17日、カープ4-10中日、マツダスタジアム)

広島の森下暢仁投手が、2回までに相手投手を含む先発9人全員安打を浴び、10安打8失点を許す大乱調。2回52球で降板した。1試合8失点は昨年9月14日の中日戦(バンテリンD)の6回6失点を更新する自己ワースト。

2回KOも20年9月4日のDeNA戦(マツダ)の3回5失点(自責3)を更新する最短KOとなった。

初回にまさかの集中打を浴びた。先頭・大島などで1死一、三塁となり、4番・ビシエドに先制の右前タイムリー。2死一、二塁から木下の右前打で追加点を許すと、2死満塁から京田に2点タイムリーを浴びた。

9番の先発投手・福谷にも中前打を浴びたが、二塁走者の石川昂は本塁憤死。打者9人に6安打1四球という内容。過去に1イニング4失点以上は、2年目の昨年10月16日の巨人戦(東京D)の7回に5失点して以来自身3度目で初回は初めて。

2回には1死からルーキー・鵜飼に左中間に2号ソロを被弾。2死一、二塁から遊ゴロがイレギュラーする不運もあり、さらに追加点を献上。続く石川昂にも2点二塁打を浴びて、この回も4失点した

。被安打10は、20年9月26日のDeNA戦(マツダ)で7回11安打4失点して以来2度目の2ケタ被安打となった。

今季は前回登板の9日の阪神戦(甲子園)は1失点完投の好投。3試合すべてハイクオリティースタート(HQS=7回以上自責2以内)と抜群の安定感を見せていた。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

森下が『新人王』に近づく7回0封で7勝目!あわや乱闘…警告試合に

森下が『新人王』に近づく7回0封で7勝目!あわや乱闘…警告試合に

公式戦(10月3日、カープ13-2ヤクルト、神宮球場) 広島の先発・森下が7回無失点の好投で7勝目を挙げて、新人王に近づいた。 森下は初回の先頭・山崎から三振を奪うも、2番の青木に左前打を打たれると長 …

松山が自身初の規定打席到達、緒方監督「達成前に抹消しようと…」

松山が自身初の規定打席到達、緒方監督「達成前に抹消しようと…」

公式戦(9月30日、カープ4-5巨人、東京ドーム) 広島は1点リードの9回に守護神中崎が逆転を許して、サヨナラ負け。先発して7回3失点だった大瀬良の16勝目は消え、中崎が今季初黒星を喫した。11連戦を …

佐々岡監督は七回続投の森下について「勝ち投手の権利を取らせて…」

佐々岡監督は七回続投の森下について「勝ち投手の権利を取らせて…」

公式戦(9月26日、カープ2-5DeNA、マツダスタジアム) 広島がDeNAに逆転負けを喫した。試合後の佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下の通り。 --先発のD1位・森下(明大)が7回11安打4失 …