カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ローテ再編、遠藤が巨人戦先発!九里、床田とGキラーで首位固め狙う

2022年4月18日

ローテ再編、遠藤が巨人戦先発!九里、床田とGキラーで首位固め狙う

G倒ローテだ!!広島遠藤淳志投手(23)が19日、21日巨人戦(東京ドーム)先発に向けてマツダスタジアムで調整した。前週2連戦が続き、同じく登板がなかった玉村と登板日を入れ替える形となった。巨人戦登板は2年ぶりも、20年は2完投勝利と好相性を評価された。19日からの首位攻防は昨季から巨人戦5勝の九里、昨季から同戦の防御率0点台の床田に、遠藤が続く。Gキラー投手をぶつけて、首位固めを狙う。

待ちわびたマウンドは、首位攻防3戦目だ。遠藤はマツダスタジアムの外野フェンス際を走り込み、汗を拭いながら3日後の先発を見据えた。「勝った次の試合が大事。次の試合も気を引き締めて、勝ってチームにいい雰囲気、いい流れを持って行けたらと思います」。16日中日戦でブルペン待機も登板機会はなく、今季初勝利を挙げた10日阪神戦から中10日。週末日曜日から週中木曜日となった登板日変更は、首脳陣の期待の表れだ。

首位に立つ広島と2位巨人とのゲーム差は、ゼロ。まだシーズン序盤とはいえ、難敵をたたいておきたいところだ。前週2連戦が続いたことで、登板がなかった右腕と玉村の登板日を入れ替えた。初戦は昨季から5勝2敗、防御率2・28の九里。2戦目は昨季から巨人戦4試合1勝1敗ながら、防御率0・90の床田が続く。そして3戦目は遠藤。右、左、右のジグザグローテとなり、各カードに左腕を起用できるメリットもある。それ以上に首脳陣が期待するのは、遠藤の巨人との好相性だろう。

巨人とは、交流戦まで隔週で週頭に対戦が続く。遠藤は巨人とは2年ぶりの対戦も、20年はプロ初を含む2完投勝利を挙げた。2勝2敗、防御率3・57と、残した数字も悪くない。「今年初めてですし、昨年も投げていないので、そういったもの(好相性)はないと思っている。全力でぶつかるだけ」。好投したこれまでの2試合同様、攻撃的な投球を貫く。

週末のDeNA3連戦は大瀬良、森下、玉村の並びが予想される。ただ、両右腕を無理なく中6日で回し、玉村をカード頭の22日に回すことも可能。巨人3連戦同様に、玉村をカード中日に置いて両カードをジグザグローテにすることもできる。高橋投手コーチは「いろいろ考えた上で、答えは週末に」と煙に巻いた。先発投手陣の防御率は、リーグトップの防御率2・63。好スタートを支えるローテーションを再編し、再加速を狙う。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

栗林が『新人王』を受賞!「一番良い形でいただくことができました」

栗林が『新人王』を受賞!「一番良い形でいただくことができました」

広島・栗林良吏投手(25)が15日、セ・リーグの最優秀新人賞(新人王)に輝いた。 「1年間戦うことができた結果、最後に一番良い形で新人賞をいただくことができました。五輪があっての1年間でしたが、良いラ …

コロナ禍のカープ、今度は九里が陽性…陽性者は12人目、投手では初

コロナ禍のカープ、今度は九里が陽性…陽性者は12人目、投手では初

コロナ禍に揺れる広島は23日、九里亜蓮投手(29)が陽性判定を受けたと発表した。陽性者はこれで12人目となり、投手では初。同日には、前日22日に濃厚接触者として判定された森下と高橋昂の出場選手登録を抹 …

後半戦ローテ5人決定、残り『1枠』を高橋昂、矢崎、スコットで争う

後半戦ローテ5人決定、残り『1枠』を高橋昂、矢崎、スコットで争う

広島は後半戦のローテ1枠を3投手が争う。 大瀬良、森下、九里、大道、玉村の5人は決定。第6の男を2軍の3人がエキシビションマッチで奪い合う。 候補は高橋昂也、矢崎拓也、来日2年目のテイラー・スコット。 …