カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

メジャー1位の出塁率・581に感嘆!「三振より打点と四球が多い」

2022年4月20日

メジャー1位の出塁率・581に感嘆!「三振より打点と四球が多い」

開幕から“侍ジャパンの4番”が躍動を続けている。シカゴ・カブスの鈴木誠也は現地時間4月19日、本拠地で行われたタンパベイ・レイズ戦に「2番・ライト」で先発すると、デビューからの連続試合安打は「9」でストップしたものの、3四球を選んで連続出塁記録を「11」まで伸ばしている。

名誉ある打順をついに任された。日本では4番打者へのリスペクトが強いものの、メジャーリーグでは、強打者には1打席でも多く打席を回すことが得点確率が高いとのデータから、チームで格の高い選手は2番や3番を任されることが多い。そしてこの日、鈴木は2番を任された。

結果としてヒットこそ生まれなかったものの、真に称賛されるべきはその選球眼だ。この日、相手レイズはブルペンゲームを採用し、鈴木は4打席で3投手と対戦。もちろん、全員が初対戦である。その中でセカンドゴロに終わった第2打席を除き、いずれも先に相手に追い込まれた。データがない中で、普通の選手であれば相手の決め球に三振に打ち取られていただろう。

しかし、鈴木は“普通”の選手ではない。相手投手のウイニングショットを完璧に見極めてカウントを整え、フルカウントから3四球をもぎ取ったのだ。そして何と、この日を終えて出塁率は驚きの.581まで上昇。まだ10試合前後とはいえ、これは堂々のメジャートップの数字であり、メジャーへの適応はまずスムースに移行できたと言っていい。

そして鈴木の凄いところは、ただ四球を稼いでる部分だけではない。地元メディア『Bleacher Nation』が「セイヤ・スズキは三振(9)より打点(11)と四球(10)」を稼いでいると驚いたように、クラッチヒットやコンタクト技術を発揮して三振よりも打点と四球をもぎ取っているのだ。しかもこれはこの日の1打席目のことだったので、四球は12個まで増えているのだから、より凄みが増す。

そして、TV放送局『BallySports』でMLB記者を務めるラッセル・ドルシー記者はここまでの鈴木の活躍をこう振り返った。「セイヤ・スズキのここまでの活躍は信じがたいレベルだ。彼はルーキーかもしれないが、成熟した打席アプローチは本当に際立っている」。

広島時代も際立っていた鈴木の選球眼は、メジャーでも十分に通用するレベルにあるようだ。今後は浮き沈みはあるかもしれないが、この武器があれば必ずや年間を通して好成績を残すことができるはずである。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

日本ハム・金子千尋が引退会見でも空気が読めなかった「悪い評判」!

日本ハム・金子千尋が引退会見でも空気が読めなかった「悪い評判」!

日本ハムから戦力外を受けて他球団への移籍を模索していた金子千尋が、札幌市内で引退会見を開いた。 オリックス、日本ハムと18年のプロ生活で130勝94敗の成績だった金子は「まさかここまでプロ生活を送れる …

プロ野球から、乱闘が消えた『3つ』の理由…/火事と喧嘩は江戸の華

プロ野球から、乱闘が消えた『3つ』の理由…/火事と喧嘩は江戸の華

新型コロナウイルス拡大の影響でシーズン開幕時期がなかなか決まらないプロ野球。 今回は、プロ野球の「乱闘」についてです。 火事と喧嘩は江戸の華。プロ野球においても乱闘は決して褒められた行為ではありません …

長野と松田、巨人の『ナゾ補強』の真意とは…ムードメーカーで期待?

長野と松田、巨人の『ナゾ補強』の真意とは…ムードメーカーで期待?

ともに11月15日に入団会見した元広島の長野久義(37)と元ソフトバンク・松田宣浩(39)。巨人ファンの中には「なぜ全盛期を過ぎたベテランを…」と嘆く声も多いのではないか。 「山口オーナーは常々“若手 …