カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

正解のない継投の難しさ…床田には、スッキリと勝たせてあげる試合を

2022年4月22日

正解のない継投の難しさ…床田には、スッキリと勝たせてあげる試合を

【野村謙二郎 視点】やはり継投は難しい。結果として逆転され、床田の白星も消えた。

8回1死二塁での交代。坂本には初回から投げづらそうにしていた。走者を背負って坂本を迎えた場合の島内投入は準備していたことで間違っていたとは思わない。仮に2死無走者で坂本なら、どうだったか…。いずれにしても正解はないし床田に一番勝ちを付けたかったのは佐々岡監督だろう。

6日の対戦では追加点を取るために代打を出した直後の8回に逆転された。床田が投げた巨人戦で2度続けて同じような逆転負けは監督としてつらいし、ストレスがたまる。

床田自身も悔しい。開幕から先発陣で安定感はNo・1。勝ちが付かず調子を落としていくのが怖い。すっきり勝たせてあげる試合をチームとして早くつくりたい。

床田は打順1巡目にパームが1球だけ。勝負どころに取っておこうという配球に見えた。もったいなかったのは6回だ。吉川、坂本にいずれも2ストライクからの3球目を連打され、2失点につながった。この2点がなければ、展開は変わっていただろう。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と、3連覇への『課題』

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と3連覇への『課題』

37年ぶりのセ・リーグ連覇の感動が、どこか遠くへ行ってしまった感がある。 日本シリーズが終了し、レギュラーシーズンで94勝と圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝いた。しかし …

「家族」が力を合わせて見せる新たなスタイル【最新メンバーリスト】

「家族」が力を合わせて見せる新たなスタイル【最新メンバーリスト】

【2022年成績】セ5位 66勝74敗3分 勝率.471、チーム打率.257 チーム防御率3.54 強いカープを取り戻すべく立ち上がった新井貴浩新監督。首脳陣にカープでのプレー経験のない藤井彰人ヘッド …

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

即戦力ナンバーワン投手、新人王最有力候補と言われる広島ドラフト1位・森下(明大)が、初めてプロの洗礼。オープン戦最終戦のソフトバンク戦(15日=マツダスタジアム)で4回被安打7、5失点。この森下の本拠 …