カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井氏、カープ・九里の6回の表情にガッカリ…笑いは許されない場面

2022年5月5日

新井氏、カープ・九里の6回の表情にガッカリ…笑いは許されない場面

口元を緩めたのは照れ隠しなのだろうか。同点に追い付かれた6回。九里がマウンド上で見せた表情、振る舞いには正直ガッカリした。ボールが続いて目尻がかすかに緩み、岡本和に被弾した直後にも薄笑いを浮かべた。

相手との勝負事だ。打たれた結果や四球を与えたことを、どうこう言うつもりはない。マウンド上で笑ってもいいだろう。ただし、許される場面と許されない場面がある。それまでどういう流れで試合が進んでいたか。

悪いなりにもゼロを並べられたのは、3補殺など味方の再三にわたる好守に助けられた面が大きい。5回には攻撃陣がつないで、つないで待ち望んだ援護も受けた。直後の6回は、これまでに倍する気合を入れて臨むべき要所のはずだ。

野球は1人でやるスポーツではない。みんなで戦うものだ。ましてや投手キャプテン。それがあの振る舞いでは、野手陣からの信頼が崩れかねない。この日は本来の姿ではなかった。次回登板、九里のマウンド上での姿勢に注目している。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

バティスタは『運』が悪かった?「ドーピングで陽性反応」の全内幕!

バティスタは『運』が悪かった?「ドーピングで陽性反応」の全内幕!

サビエル・バティスタ外野手がドーピング検査で陽性反応が出た。広島は“3番バッター”を欠いた苦しい試合が続いているが、そもそもプロ野球界のドーピング検査とは、どんなものなのか? 過去には“クロ”の検査結 …

佐々岡監督のコメントに疑問の声…前提から間違ってる?代打策に批判

佐々岡監督のコメントに疑問の声…前提から間違ってる?代打策に批判

12日に行われた広島対巨人の一戦。「1-2」で広島が敗れた試合の明暗を分けたのが、広島のプロ9年目・31歳の上本崇司のバント失敗だった。 痛恨のミスが飛び出たのは、「1-2」と広島1点ビハインドで迎え …

センバツ中止で、スカウトへの影響…仕事場消えても、腕のみせどころ

センバツ中止で、スカウトへの影響…仕事場消えても、腕のみせどころ

選手発掘の場ともなる晴れ舞台が消えた。センバツ中止。プロ野球のスカウトには、シーズン最初の「仕事場」になるはずだった。広島苑田聡彦スカウト統括部長(75)は中止が決まると、大学、社会人のオープン戦をス …