カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

延長10、11、12回のサヨナラ機を逃すも…救援陣が踏ん張り引分

2022年5月15日

延長10、11、12回のサヨナラ機を逃すも…救援陣が踏ん張り引分

公式戦(5月15日、カープ5-5ヤクルト、マツダスタジアム)

広島は、苦しむ救援陣の踏ん張りで引き分けに持ち込んだ。

先発のアンダーソンは6回途中で逆転を許して5失点KOしたが、リリーフが無失点でつないだ。6回2死二、三塁で登板した2番手・塹江がピンチを切り抜けた。

7回の3番手・矢崎は、先頭四球など2四球と制球に苦しんだが、無失点。8回はケムナ、9回は守護神・栗林、延長10回は森浦、延長11回は薮田が2死二、三塁のピンチを切り抜け、延長12回は前日に敗戦投手となったターリーが無失点で抑えた。

前日には1点リードの8回から登板の2番手・ターリーが村上に2打席連発の同点ソロを被弾するなど、逆転を許して痛恨の敗戦。

助っ人左腕は、この日も延長12回無死一塁という場面で村上を打席に迎えたが、フルカウントから前日に一発を浴びた直球で空振り三振で、スタートを切っていた一塁走者の山田も挟殺でアウトとなり「三振ゲッツー」。リベンジを果たした。

試合前まで救援陣の防御率4・18はリーグ断トツワースト。逆にリーグトップの同2・14と抜群の安定感を誇るヤクルト救援陣との我慢比べでドローに持ち込んだ。

2日連続で一度は試合をひっくり返した打線も、仕留めきれなかった。延長10回は2死満塁で途中出場のベテラン・田中広が空振り三振。

延長11回2死一、二塁、延長12回1死一、二塁のサヨナラ機も、あと一本が出なかった。首位・ヤクルトとのゲーム差は0・5のまま。延長戦は今季6度目で2勝2敗2分けとなった。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

投打かみ合い、3連敗でストップ!2位・DeNAと2.5ゲーム差へ

投打かみ合い、3連敗でストップ!2位・DeNAと2.5ゲーム差へ

公式戦(8月31日、カープ4-2DeNA、マツダスタジアム) 広島は3回に3点を先制するなど前半で4点をリード。後半、DeNAに追い上げを許すものの、何とかしのいで勝利をものにした。連敗は3で止まり、 …

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

来た来た!代打陣が躍動、磯村バスターエンドランV打&坂倉初アーチ

公式戦(8月1日、カープ8-2巨人、東京ドーム) セ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が終盤の集中打で首位・巨人に8―2で逆転勝ちを収め、大逆転Vへ重要な直接対決3連戦に2勝1敗と勝ち越し。今季50勝目 …

完封負けで3連敗…、緒方監督「今が一番の踏ん張りどころ」/M10

完封負けで3連敗…、緒方監督「今が一番の踏ん張りどころ」/M10

公式戦(9月7日、カープ0-3中日、ナゴヤドーム) 広島が6度目の完封負けを喫し、後半戦初の3連敗となった。 先発野村は7回2失点で自責0も4敗目。4回に三塁西川の適時失策があり、続く高橋の二塁打で2 …