カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

投手陣はヤクルト・石川の投球を見習うべき、ストライク先行の意識を

2022年5月16日

投手陣はヤクルト・石川の投球を見習うべき、ストライク先行の意識を

【野村謙二郎 視点】広島とヤクルト投手陣。周知の通り、前者は先発、後者は救援陣がリーグトップの防御率を誇る。

ただ球数には顕著な差があった。初戦が広島174球でヤクルト143球、この日は214球と191球。簡単に言うと、広島の投手はボールから入るケースが多く、逆にヤクルトの布陣はストライクを先行させていたわけだ。

無論、打たれたくない、抑えたいという心理の中で最善の努力はしているとは思う。

ただ、甘くなったら打たれるという思いが強すぎるとボール球を誘発させる。そうなると球数は増え、揚げ句四球を与えて傷口を広げてしまう。そんな場面を幾度となく見てきた。

ヤクルト・石川の投球を見習うべきだろう。球威はなくてもストライク先行で好投した。

黒田博樹が残した言葉をいま一度かみしめたい。打たれることを受け入れて投げる――。それこそが投球の本質。今春キャンプで各チームが方針に掲げた通りストライクゾーンの中で勝負したい。

広島投手陣には怖さを知った上でさらに大きく成長してほしい。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

真中満がセ・リーグ上位チームを戦力分析、広島「つなぐ打線がいい」

真中満がセ・リーグ上位チームを戦力分析、広島「つなぐ打線がいい」

2022年シーズンのペナントレース、セ・リーグは現在、ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、広島カープによるAクラス争いが続いている。自身も監督としてヤクルトを優勝に導いた経験がある野球解説者の真中満 …

丸・誠也「コンビでOPS1.1超え」、ONでも達成していない偉業

丸・誠也「コンビでOPS1.1超え」、ONでも達成していない偉業

丸・鈴木がともに「OPS1超え」 猛打で他球団を圧倒し、3連覇へ突き進む広島。打線の中心は、まぎれもなく丸佳浩と鈴木誠也の3番4番コンビだ。 3番丸はリーグトップの35本塁打、4番鈴木も28本塁打。と …

會澤のタックルで審判転倒!「退場レベルのプレー」ファンからは賛否

會澤のタックルで審判転倒!「退場レベルのプレー」ファンからは賛否

15日に行われた広島対巨人の一戦。この試合に「6番・捕手」でスタメン出場した広島・會澤翼のプレーが、ネット上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。 問題となったのは、「0-5」と広島5点ビハインドの …