カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々木朗希が『投手4冠』で交流戦へ、超速直球はセ打線にどう作用?

2022年5月23日

佐々木朗希が『投手4冠』で交流戦へ、超速直球はセ打線にどう作用?

防御率、勝利数、勝率、奪三振数でパ・リーグトップ

ロッテの佐々木朗希投手が、パ投手部門で“4冠”に立ち交流戦に突入する。22日の試合終了時点で防御率1.50、5勝、勝率10割、87奪三振は全てリーグ1位(勝利数のみタイ)だ。3年目シーズン序盤の“無双投球”は、ファンの想像を大きく超えていた。

ここまで登板した8試合にファンは驚かされっぱなしだった。4月10日のオリックス戦では、プロ野球記録を大幅に更新する13者連続奪三振、プロ野球記録に並ぶ1試合19奪三振、そして走者を1人も出さない完全試合を28年ぶりに達成した。次に先発した17日の日本ハム戦では、8回まで1人も走者を許さないまま降板。史上初となる2試合続けての完全試合という期待まで抱かせた。

その原動力となっているのが、平均で160キロに迫る異次元のスピードボールと、150キロ近いフォークボールのコンビネーションだ。9回あたりの奪三振数を示す奪三振率は驚異の14.24。パ歴代最高の2019年の千賀滉大(ソフトバンク=11.33)や新人時代、1990年の野茂英雄(近鉄=10.99)を大幅に上回る。共通点は速球とフォークを投球の大きな柱にしていることだ。

ロッテは19勝25敗のパ・リーグ5位で交流戦を迎える。昨季の佐々木朗の交流戦登板は2試合だけ。5月27日の阪神戦では5回4失点(自責3)でプロ初勝利を挙げ、6月10日のヤクルト戦では6回1失点という成績が残っている。今年はセ各球団に対して、どのような剛球を見せつけてくれるだろうか。

【実際の動画】「重力よ仕事しろ」浮き上がって見える佐々木朗希の高め160キロ

(※引用元 Full-Count

関連記事

豪快スイングが話題の女子大生が驚異の数値を記録!元球児に『匹敵』

豪快スイングが話題の女子大生が驚異の数値を記録!元球児に『匹敵』

ほさかななさんの推定飛距離は70メートル、スイングスピードは124キロ 豪快なスイングが話題となっている現役大学生の野球女子・ほさかななさんが、打撃を分析する最新機器「ラプソード」を初めて体験した。女 …

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

チャップマンが公開した筋トレ写真が年末年始のファン釘付け 米大リーグは年末年始で各球団の動きも小休止していたが、そんな時期に驚異の肉体でファンの視線を釘付けにしたのがヤンキースの守護神アロルディス・チ …

12球団の練習試合(全74戦)詳細…開幕延期で試合数や時間変更

12球団の練習試合(全74戦)詳細…開幕延期で試合数や時間変更

新型コロナウイルス感染拡大によるプロ野球の開幕延期に伴い、12球団は18日までに3月20日以降の練習試合予定を発表した。当初の公式戦日程をベースに、対戦チーム同士の協議で試合時間や試合数を変更している …