カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大野氏、復調の打線…遠藤の代え時もはまった!今後、躍進期待の1勝

2022年5月26日

大野氏、復調の打線…遠藤の代え時もはまった!今後、躍進期待の1勝

【大野豊 視点】トータルで見れば遠藤の粘りが勝因だが、打線が状態の良いときに戻ってきた。勝ち越した5回、突き放した6回はいずれも2死からの得点。カープらしさが出た攻撃だったと言える。

好投手が多いパ・リーグとの交流戦。負けない野球をすることも大事だが、それ以上に点を取ることが重要になってくる。カープの先発投手陣は6枚がそろい、防御率もここまで2点台をキープ。つまり打線が3、4点を取れれば、おのずと勝機は多くなるのだ。

昨季の交流戦はわずか3勝(12敗3分け)に終わり、先発投手には一度も勝ち星がつかなかった。その点、早い段階で先発の遠藤に勝ちがついたことは大きいし、打線がつながったこの日の勝ち方は、今後の躍進を期待させるものだった。

その遠藤の代え時もうまくはまった。7回で3点差あったとはいえ、引っかかっての死球や降板直前の左飛も甘いボールだった。前回の巨人戦もあり、早めの決断となったのだろう。塹江、森浦、栗林のリレーもしっかり機能して、投打がかみあった1勝となった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

今季のカープを象徴する言葉「やっちゃろうや!」/球界ここだけの話

今季のカープを象徴する言葉「やっちゃろうや!」/球界ここだけの話

開幕ダッシュのきっかけは3月25日、DeNAとの開幕戦直前の横浜スタジアムのロッカールームの出来事だった。広島・佐々岡真司監督(54)は選手のモチベーションを上げるためにサプライズで動画を上映。評論家 …

津田の命日に、思い出すこと「いいライバルだった」/川口和久コラム

津田の命日に、思い出すこと「いいライバルだった」/川口和久コラム

いいライバルだった オールスターが近付くと、いつも「ああ、もうすぐ津田の命日だな」と思う。 津田恒実が32歳の若さで息を引き取ったのは、1993年の7月20日だった。俺は家族に呼んでもらって最後に顔も …

緒方監督の死角…、絶対王者転落の一因は問題だらけの『選手起用法』

緒方監督の死角…、絶対王者転落の一因は問題だらけの『選手起用法』

交流戦最下位からチーム20年ぶりの11連敗と悪夢が冷めないまま、前半戦を終えた広島カープ。球団初のリーグ3連覇を達成した緒方孝市監督にとっても、試練の後半戦となりそうだ。 現役時代から口数が少なく、黙 …