カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

球団14年ぶり5戦連続1得点以下…貧打で再び『単独』最下位に転落

2022年6月1日

球団14年ぶり5戦連続1得点以下…貧打で再び『単独』最下位に転落

交流戦(6月1日、カープ1-5日本ハム、マツダスタジアム)

広島は、打線がこの日も1得点にとどまり、再び交流戦単独最下位に転落した。

3点を追う7回に2つの敵失で1死一、二塁となり、2死から途中出場の堂林が中前適時打で反撃したものの、日本ハム投手陣から奪ったのは、この1得点のみ。5月27日のソフトバンク戦(ペイペイD)から5試合連続の1得点以下は、08年以来14年ぶり10度目で、89年の6試合連続に次ぐ球団ワースト2位タイとなった。

交流戦前まで202得点は12球団最多だった打線が、“鬼門”交流戦の呪縛にとらわれるように長い沈黙を続けている。前夜の同カードは8回に菊池涼の決勝犠飛でチーム25イニングぶり得点を奪って1―0勝利を収めて連敗を「4」で止めたものの、同一シーズンでは18年以来となる交流戦での連勝はならず。直近5戦で奪ったのは、たった3得点にとどまっている。

特に中軸の不振が深刻だ。この日はクリーンアップ3人で4安打を放ったが、それでも交流戦打率は2割ちょうどに達しただけ。2回には先頭の4番マクブルームが左前打を放ったが、二塁に進むのがやっと。4回は1死から3番・西川の遊撃内野安打の後、4番が遊ゴロ併殺打。

試合前まで同打率0割9分1厘だった5番・坂倉も5回先頭で中前打を放ちながら、得点に結びつかず。6回は1死から菊池涼が四球で出塁したが、3、4番があっけなく凡退。1―3の8回は2死からマクブルームがチーム初長打の左翼二塁打から坂倉が四球でつないだ後、小園が空振り三振に倒れた。

交流戦のチーム本塁打は、いまだ12球団唯一の「0」のまま。コロナ禍で中止となった20年を挟んで連続最下位に沈んだ交流戦は、今季もいまだに光を見いだせないでいる。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

大瀬良、斎藤に続き札幌でスター斬り!吉田と対決「勝つために来た」

大瀬良、斎藤に続き札幌でスター斬り!吉田と対決「勝つために来た」

広島の大瀬良大地投手(27)が10日、“スターキラー”として12日の日本ハム戦(札幌D)でマッチアップ予定の吉田輝星投手(18)に投げ勝つと誓った。 札幌市内で遠投などで調整後、甲子園のヒーローとの対 …

犠牲フライの打者が残り…ミス続出の末に、珍事で決勝点与えて8連敗

犠牲フライの打者が残り…ミス続出の末に、珍事で決勝点与えて8連敗

交流戦(6月14日、カープ2-3西武、マツダスタジアム) 広島はミスが響いて逆転負け。珍しいシーンで決勝点を献上した。 同点の6回1死満塁で代打・中村の浅い飛球を中堅手の羽月が落球。勝ち越しの走者が生 …

連敗3でストップ!栗林は20試合連続無失点、菊池は復帰戦でマルチ

連敗3でストップ!栗林は20試合連続無失点、菊池は復帰戦でマルチ

交流戦(6月2日、カープ3-0日本ハム、マツダスタジアム) 広島は連敗を3で止めた。20年ドラフト1位・2位のルーキーが大活躍。6回途中から2番手で登板したルーキーの森浦がピンチの場面を無失点に抑えて …