カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ戦で新庄監督が敵地の少年にノックバットをプレゼントしたわけ

2022年6月6日

カープ戦で新庄監督が敵地の少年にノックバットをプレゼントしたわけ

目前に3年ぶりの“光景”が広がった。5月31日からの広島―日本ハムの3連戦、マツダスタジアムには連日2万人超のファンが足を運んだ。試合前練習ではネット越しに少年たちが、思い思いの選手に声をかける。

「ボールくださーい」「サインくださーい」。コロナ禍では全く見られなかった光景に、自然と頬が緩んだ。

31日の試合前に行われた新庄監督の囲み取材中には、隣のフィールドシートから一生懸命声を出していた少年がいた。「ボールくださーい」。その声に反応したボスに少しの間が空いた。ただ、ボールは手元にない。

すると、立ち上がった指揮官は「これ、あげるよ」と、持っていた自身の特注ノックバットを差し出したのだ。

敵地で行った神対応に感銘を受けたが、このシーンには伏線があった。グラウンドコンディション確認のため、囲み取材を中座した指揮官は、その少年にサインを求められていたのだ。だが、現役引退後はサインを一切書かないことを貫いており「サイン無いの、ごめん!」と謝っていた。

囲み取材に戻ってきた指揮官に、再び少年が「ビッグボスさ~ん!」と声を掛け、指揮官は「ビッグボスさん、“さん”いらない!“さん”いらんよ。来年、(愛称を)何にしようかな…」と苦笑いしていた。そんな掛け合いがあり、サインを書けなかったおわびにつながっていた。

その翌日からだ。今川、北山、アルカンタラら選手も声をかけられると、適正な距離から柵越しなどでボールをプレゼントするシーンが増えた。

今年1月の12球団監督会議で「11球団の球場を満員にしたいというのが僕の目標。やっぱり、人生と野球は人を楽しませるものだと僕は思う」と話していた指揮官。少年たちが笑顔で帰っていく姿に、ファンあってのプロ野球を改めて実感した。(清藤駿太)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

鈴木誠也、『乱闘寸前』事態に駆け寄る!死球に一触即発…本拠地騒然

鈴木誠也、『乱闘寸前』事態に駆け寄る!死球に一触即発…本拠地騒然

8回に死球きっかけで両軍がエキサイト 9日(日本時間10日)に行われたカブス-ブルワーズの開幕第2戦で、乱闘寸前の一触即発シーンが勃発した。守備についていた鈴木誠也外野手も、右翼から駆け寄る事態に。物 …

「プロ野球」無観客で開幕は既定路線…ならば一番損する『球団』は?

「プロ野球」無観客で開幕は既定路線…ならば一番損する『球団』は?

負担する費用の中で最も大きいのは コロナウイルス拡大の影響でプロ野球のシーズン開幕時期がなかなか決まらない。開幕できるとしても、さすがにこのご時世、「3密」への対策を考えたら大勢の観客を集めて試合をす …

ファンが癒された神宮の『手書き』スケッチブック、担当者の思いは…

ファンが癒された神宮の『手書き』スケッチブック、担当者の思いは…

プロ野球開幕に向けてカウントダウン企画を行っていたが延期を受けて… 丁寧に書かれた4枚のスケッチブックの直筆メッセージは野球ファンの心に残るものとなった。明治神宮野球場が公式SNSにアップした画像は反 …